IELTS 6.5の壁から抜け出す方法 3

 

Academic writing rulesを確認しましょう。

 

➢   短縮形は避ける- don’t, can’t

 

➢   受動態を活用する (overuse に注)

 

➢   personal な例は避けるー客観性を示すためにはパーソナルな内容をいかにして一般化して表現するかが大事

 

➢   断定表現を避ける( Modal verbs: can, may, could, might Frequency language :often, tend to, occasionally, Non-specific quantifier: many, some, a number of などの活用)

 

➢   ets. , and so on は避ける

 

➢   数字が 20 以上の場合はアラビア数字で書いてもよいが、それ以下の場合はアルファベ ットで書くのが基本

例えば、I have three daughters and four sons.