独学より効果的!!オンラインでできるTOEFL 対策

数々の生徒様を合格へ導いた実績のあるMAEのTOEFL対策講座

TOEFL 100超えを目指せ! TOEFLiBT 対策 総合特化コース

(通学・オンライン)

TOEFLは北米大学、大学院に進学するために必要とされる
米国 ETS(Educational Testing Service)が主催するテスト。
MAE はTOEFLiBT、インターネット上で行われるテストを対象に
通学、オンラインでTOEFL総合対策講座を提供しています。

 

┃TOEFL は難しすぎると思っていませんか┃

 

TOEFLは出題のパターンが決まっているので、ポイントを押さえた学習で十分に高得点が狙えます。

TOEFL対策に特化したMAEの専任講師が試験に求められるテクニックとポイントを伝授します。

 

┃TOEFL対策 ではリスニング力が決め手!!┃

 

リテンション&リプロダクション、ディクテーションの強化特訓を取り入れ、日本人の苦手なライティングとスピーキングを中心に総合的にカバーするMAEのTOEFL対策 強化プランを通学同様、

オンラインでその効果を実現します。

 

 

 TOEFL対策 勉強法ブログ更新中!

TOEFL対策 講師紹介

TOEFL対策の講師KIYO

KIYO

 

TOEFL最高スコア

 

リーディング:30

リスニング:29

スピーキング:27

ライティング:28

 総合得点:114

オンライン・クラスルーム担当

TOEFL対策 指導歴7年

 

         KIYO講師のメッセージ:               TOEFLライティング、スピーキングでは独特な書き方、話し方が要求されます。テンプレを覚えて、課題を網羅すれば誰でも高得点が目指せます。とにかく練習、練習です。

TOEFL対策の講師KIYO

SHUN

 

TOEFL最高スコア

 

リーディング:28

リスニング:26

スピーキング:29

ライティング:26

 総合得点:109

オンライン・クラスルーム担当

TOEFL対策 指導歴2年

 

         SHUN 講師のメッセージ:             TOEFLの過去問や演習問題を徹底的にこなしていき、リーディングでは読解力を養い、ライティングとスピーキングでは高得点を実証する構成や答え方をマスターします。リスニングは一番重要なポイントですので、リスニング強化対策は必ず行っていきます。

TOELF対策の講師MISAKI

MISAKI

 

 TOEFL最高スコア

 

リーディング:28

リスニング:27

スピーキング:30

ライティング:26

 総合得点:111

オンライン担当

TOEFL対策 指導歴2年 

 

        MISAKI 講師のメッセージ:             TOEFLの対策は実際に高得点を保持する講師から教えてもらうのが一番効果的です。特に、ライティングとスピーキングはしっかりとしたテンプレートが必要です。一緒に頑張っていきましょう!

TOEFL対策の講師MIKI

MIKI

 

TOEFL最高スコア

 

リーディング : 26

リスニング:29

スピーキング:25

ライティング:23

 総合得点:103

オンライン担当

TOEFL対策 指導歴2年

 

      MIKI講師のメッセージ:            TOEFL対策は統合問題のせいでなかなか対策しづらい面がある一方、逆にリスニング強化対策でスコアを大幅に上げることも可能です。

TOELF対策の講師MIZUKI

MIZUKI

 

TOEFL最高スコア

 

リーディング:28

リスニング:26

スピーキング:25

ライティング:26

 総合得点:105

オンライン・クラスルーム担当

TOEFL対策 指導歴3年 

         MIZUKI講師のメッセージ:             TOEFLibtを一度受験して、苦手意識を持っている方がたくさんおられますが、TOEFLに求められるテンプレと形式を理解して、しっかり習得すれば、短期でもスコアが上がることを保証します!

MAEでは講師自身がTOEFLibt のテストを定期的に受験すること義務付けています

 

TOEFLについての情報をアップデートしたり、講師間での情報交換のためにTOEFL勉強会やランチミーティングを定期的に行っています。勉強会を通じて、最近のTOEFLibtの傾向をいち早くキャッチして効果的な学習法、勉強法について常に対策を講じています。



オンライン TOEFL 対策の特長
TOEFL 対策 おススメ本

POINT

1

TOEFL 公式問題集の他、Longman, Kaplan, Princeton Review, Cambridge, Barron などのさまざまな問題集を活用して、TOEFLの問題傾向に慣れる問題のポイントを読み取る(ひっかけを読み取る)、解答パターンを覚える効果的なテスト対策ができる!!


POINT

2

なかなか独学では習得しにくいライティング能力TOEFL ライティング対策では高得点を実証するテンプレートを伝授し、最近のトピックに準じて課題を網羅!添削形式でしっかりマスター


POINT

3

大事なポイントだけではなく、なるべく多くの情報を書き取る演習でリスニング、ライティング、スピーキング対策で必要なノートティキングのスキルの向上することができる


POINT

4

レベルに合ったショートリスニングの音声を使用して、スピーキングで重要なポイント要約力を身に付ける!!


POINT

5

TOEFL スピーキング対策ではパート別の答え方のテンプレートが学べる

TOEFLスピーキング対策の詳細は BLOGMAE 


POINT

6

TOEFL スピーキングのインデペンデントタスク( パート1)が苦手な方には、頻出出題トピック 100 を使い、1.) 問題に対する答えや自分の意見を決めて、2.) 理由を2つ挙げる、 3.) 例を挙げる、この3つの構成を徹底的に行います。そしてこの構成が限られた時間内(45秒)に収められるよう、課題をロールプイ形式で網羅して「慣れる」➡「できる」に繋げます

 


POINT

7

TOEFL 対策オンライン講座は独学では難しいスピーキングライティングだけに集中して受講することが可能!

 


POINT

8

TOEFLではリスニング力が最も大事な能力。ディクテーション(音声の書き取り)やリテンション(音声の反復)を行って徹底改善


POINT

9

リーディングで出題される複数の語彙問題で点数を落とさないように、MAEオリジナル単語テスト、スピーキングでは口語的な表現を身に付けるコローケーションテストで語彙力強化!!

 


POINT

10

スピーキング、ライティングで役立つアカデミックな表現の習得のため、TOPIC別用語集も活用できる


トピック別単語・連語  - Arts 

 

• abstract art - 抽象芸術

• showcase – 展示する(exhibit)

• exhibition – 展示会 

   例】 The exhibition showcases abstract art from the world.  

 

• artwork - 芸術作品

   例】 You'll love our range of original artworks, 

 

• landscape – 風景画

   例】 How to draw landscapes will be simple if you follow along                     with these easy steps. 

 

• portrait - 肖像画

   例】 A portrait is a painting, photograph, sculpture, or other                           artistic representation of a person, in which the face and                       its expression is predominant. 

 

 

 TOEFLでは、あなたの苦手な技能をいち早く克服して、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つの技能をバランスよく学習していくことが成功のカギとなります。その他ノートティキングとリスニング力と要約力を身につけることがTOEFLで高得点を取るための要素でもあります。どれもキャンパスライフに必要不可欠な能力と言えます。

 

✔ 【無料オンライン】TOEFLレベルチェック テストを開始 

 

TOEFL未受験の方や受験前に、今の自分の実力ではどのくらいのスコアが取れるのか、無料オンラインTOEFLレベルチェック テストを開始しました。所要時間は、リーディング・リスニング合わせて35分程度です。

TOEFLの場合、リーディング・リスニングは正答数で大体のスコアの目安を知ることができます。ライティング・スピーキングのレベルチェックは、自力で行うのは難しいため、第三者のチェックが必要です。

 

TOEFLレベルチェックテストを始める

 

ライティング・スピーキングのレベルチェックに興味のある方は当校の無料カウンセリングレッスンをご受講ください。「TOEFLスピーキング・ライティングのレベルチェック希望」と記入いただけるとスムーズです。

TOEFL対策 マンツーマン(プライベート)コース料金

4つの選べる TOEFL対策 厳選プラン

TOEFL 対策コース エキスパートプラン

TOEFL対策を長期的にじっくり取り組みたい方や高得点を目指す方に最適な60分/90分から選べる48回のプランです。TOEFLを熟知し、試験対策を万全に行いたい方に自信を持っておススメするプラン、さまざまな教材を利用したお得なプランはスコアアップ保証制度🔗が適用されます。

TOEFL 対策コース マスタープラン

TOEFLでの苦手な技能を克服したい方、TOEFL対策を集中的に取り組みたい方におススメの60分/90分から選べる24回プランです。リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングをバランスよくカバーするもよし、苦手な技能に集中するもよし、さまざまなあなたのニーズに対応します。スコアアップ保証制度🔗が適用されます。


TOEFL 対策コース ベーシックプラン

独学に限界を感じている方や、高得点を取るノウハウを知って独学に役立てたい方におススメのプランです。60分/90分から選べる12回のレッスンプランでは学習方法の見直しを含め、短期間で効率よくスコアアップにできるために必要な試験のポイントを学習します。

TOEFL 対策コース ライトプラン

TOEFLiBTという試験のついての概要を知りたい方や、とりあえずTOEFLのリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの試験傾向を学びたい方に最適な6回プランです。TOEFLで求められる4技能をカバーしてそれぞれの試験の特徴や対策を学習します。


TOEFLiBTの構成

ー TOEFLiBTとは!?ー

セクション 時間 タスク
リーディング 52-74分

3-4つのパッセージを読み、それぞれ10の質問に答える

リスニング 41-57分

2-3つの会話を聞いて、それぞれ3-4つの質問に答える

4-6つの大学の講義を聞いて、それぞれ3-4つの質問に答える

休憩 10分  強制的に取らせられる・場所によっては早く始めることもできる
スピーキング 17分

最初の1問は日常の経験についてagree かdisagree かを述べる(Independent task)

最後の3問はリーディングのパッセージを読み、それに対するリスニングを聞き、

2つの関係についての要約とポイントを話す(Integrated task) 

ライティング 50分

パート1はリーディングのパッセージを読み、講義のリスニングを聞き、

2つのポイントと関係についてのエッセイを書く(20分)

パート2は課題に対するエッセイを書く(30分)

TOEFLiBTの画面

 

TOEFLiBT は3時間半から4時間ほどのコンピュータで受験するテストで各セクションが30点の合計120点満点のテストです

集中力を身に付けることも高得点を取るカギとなります


TOEFLiBTに関するよくある質問例
Q1

テスト中にメモを取ることができますか?

A: もちろんです。テスト監督官がメモ用紙を必要なだけ配ってくれます。問題の解答にはノートティキングのスキルは必須となりますので、必ずメモをとるようにしましょう。情報漏洩防止のため最後に回収されますが、そこで破棄されるのでテスト結果に影響することはありません。

Q2

ライティングではどのくらいの文字数を書けば高得点がとれますか?

A: パート1の総合問題では150-225語文字という指標がありますが、長ければ長いほど高得点がとれると言われています。だいたい250文字以上ををめざしましょう。パート2のエッセイでは300文字という指標がありますが、だいたい400字以上が高得点を狙えます。しかし絶対に忘れてはならないのは、"量より質" です。文字数にとらわれず、問題のポイントを網羅することに集中しましょう。また、文字数と残り時間は画面の右上にカウントされます。コピペもできますが、パッセージ内容を言い換える努力が必要ですので、なるべくコピペ機能は使わないようにしましょう。

 

Q3

どのようなコンピューターキーボードが使用されていますか?

A: アメリカで一般的に使用させているQWERTYキーボートが使用されます。日本式のJISキーボードに慣れている方は事前にUS式に慣れておく必要があります。慣れていないと、アポストロフィーを探すだけでも時間がかかってしまうので、時間の無駄を省くためにも必須のスキルです。


MAE が導入する-TOEFL -RLSW セクション別対策

リーディング集中型

 

TOEFL リ―ディング対策

 

1つのパッセージを約18分で解く(通常は3パッセージで54分)ために、まずは段落毎に設問があり、段落をskimming (ざっと読む)をして、概要をつかむことが大事。その後、設問をしっかりと読んで、書いてあるところを精読し解答に導きます。全体的な内容についての最後の設問は「どこに何が書いてあるのか」を素早く見つける能力が必要なので、問題文のキーワードを探して、それを本文から探し出す能力も養う必要があります。リーディングは全体を読まなくても順番通りに出題される設問のキーワードを本文の段落で素早く見つけ、そのあたりを精読して解答を導くこと。設問形式は全て一緒なので詳細を聞かれる問題(主旨が問われる最期の設問など)に時間を費やし、語彙などのすぐに答えられる問題は素早く解き、限られた時間を有効に使用します。タイムマネージメントがしっかりできれば時間が足りないという問題はなくなります。

 

 

リスニング集中型

 

TOEFL リスニング対策

 

大学生活に関する内容、あるいは講義のリスニングを2-3分程度聞いた後に設問に答える形式。ノートティキングのスキルが問われます。すべての内容を書き出すことは無理ですが、なるべく多くの情報を書き取ることが高得点を取るポイントとなるため、メモ取りのスキルは最重要。"why", "what", "which" で聞かれる設問が多いので、そこに注意を払って詳細なメモを取る必要があります。聴くことと書くことを同時に行うため、普段から聴きながらメモる練習が不可欠。リスニングは他のセクションでも(統合問題)基礎となるのでリテンション、ディクテーションの練習を取り入れ、正確に多くの情報を聞き取る練習をします。

また略称やサイン・頭文字を使って、リスニングに集中して内容を取っていくことを忘れずに。メモは日本語でも英語でもどちらでも可

 

サインや略称の例:

 "="   /  イコール

 "➡"    /  then, thereby, therefore,

 "Intl"  /  international   

“cx ” / customers 


スピーキング集中型

TOEFL スピーキング対策

 

ヘッドフォンを使いながら、コンピューターに向かって話す形式。統合型問題(Integrated task)では、リーディングやリスニングをした上で、その内容に関してリポートすることが求められます。考える時間は20秒から30秒(パート1は15秒)、回答時間は60秒(パート1は45秒)なので、素早く考え、しゃべりすぎないことが大事。読解力(速読力)やリスニング能力のスキルも問われますので、まずは速読力とリスニング力を高めてから、アウトプットであるスピーキング対策をすることが大切。頻出課題を網羅して、考えなくても話せる!練習が不可欠です。そして、ストップウォッチを見ながら話すこと。時間内でのフルアンサーに導くためには、余計なことは省き、パート1の自分の意見を言うところでは、必ず理由を2つ言うことを心掛け、プラスして身近な例を付け加える練習をロールプレイで行います。パート1以外はリポートする形式ですので、書き取った内容の重要点をまとめて、とにかくしゃべる練習を行います。スピーキングは練習と復習がとっても大事なセクションです。

 

ライティング集中型

TOEFL ライティング対策

 

アカデミックな内容のパッセージを読み、音声を聞き、その内容に関する質問に答えて文章を書く統合型問題 (20分) と、トピックについての自分の意見を述べる問題 (30分) の2つが出題されます。ここでも、パート1ではリーディング力とリスニング力もが問われる統合問題。高得点を実証するMAEのTOEFLライティングテンプレートを利用して、パート1とパート2ともに、構成を覚えてしまいましょう。課題が変わってもその型に当てはめていくだけ。具体例は必ず自分の身近な人や物事から選ぶこと。どちら のパートもイントロ ➡ ボディー1 ➡ ボディー2 ➡ ボディー3 ➡ 結論 の5段落構成。パート1ではリーディングパッセージとリスニングの内容の関連性を必ずイントロに記載すること。そしてポイント1から3に分けて順序よく書いていきます。パート2のオピニオンエッセイでは、理由を必ず3つ挙げて(ボディー1,2,3)必ず身近な例を入れるようにしましょう、段落の結論は簡潔に、自分の意見を入れて書き終えましょう。


ライティングの高得点サンプルやスピーキングのフルテストサンプルなどTOEFLiBTの対策情報なら

MAEのTOEFL対策ブログ -随時更新中- 

いつでもどこでもオンラインで効率的にTOEFL対策

早朝、深夜、週末にも対応 !!

自宅から快適かつ効率的に学習できるおススメのTOEFL対策 オンライン講座

お好きな時間に自由にレッスンが予約できる自由予約制度

TOEFL対策 スケジュール例
TOEFL対策は効率的なオンラインで!!

 

IELTS を受けるか、TOEFLiBTを受けるか迷っている方には、

無料カウンセリングで、どちらの試験があなたにとって高得点が狙えるか診断しながら最適なアドバイスを提案いたします。

初級者でも上級者でも、あなたのゴールまでの最短ルートをしっかりサポート!!

 

受講生の声

 

 

あまり勉強に割く時間がなく、基本的には授業の復習、ホームワークをやっただけです。 土曜日に授業、平日は早く帰る日に復習とホームワークをしました。 自分で勉強していてもなかなか伸びなかったのに、予想以上に点数が伸びたのでびっくりしました。 強制的に週1回やる、問題形式に慣れる、演習問題の繰り返しが点数を大幅に上げることができたのだと思います。担当はMISAKI先生でしたが、常にモチベーションを高めてくれて、的確な指示と効率的な指導があったからに他ならないと断言します。

 

 

TOEFL対策講座

マスタープランの卒業生

Kouji さん

 

TOEFL 対策 総合コースで合格!!
TOEFL スコア

インスタ、フェイスブック、TOEFL対策ブログにも受講生の合格体験談をご紹介

Twitter
Facebook
Instagram

初回レッスンまでの流れ

STEP1➡2➡3で簡単!素早い入校手続き

当校のTOEFL対策をご希望の方は、無料体験レッスンとカウンセリングを行い、受講までに不安を解消。当校のカウンセラーがあなたのレベルや目標にピッタリのプランを提案いたします。
TOEFL対策学習プランを決定後、インボイスを送ります。お支払いが確認でき次第、担当講師から初日のレッスン日時、宿題等のをメールにてお送りいたします。
TOEFL対策レッスンスタート、担当講師と二人三脚でボールに向けて頑張りましょう。

または、下記の 簡易フォームを使って気軽にお問い合わせください

メモ: * は入力必須項目です

TOEFL対策 講座のお申し込みはこちらから
TOPへ戻る