IELTS ライティング 6.5

IELTS ライティングトピック別単語集
Topic-specific words ーIELTSライティングではテーマ別の単語や連語を覚えることはハイスコアにつながります。7以上のスコアを取るには必須となります。なぜでしょうか? ― なぜなら、トピック別用語を使うことで曖昧な表現をなくしていくことが出来るからですー 曖昧な表現の代表として”good “があります。なぜ” good” がいけないかと言うと、“Recycling is good. “のように何でもグッドと言えてしまうからです。この文章だけではどのようにいいのか、どうしてなのか、を何も説明していません。どのようにGoodなのかを説明する言葉を探しましょう。それが ”Topic- Specific words”です。

IELTS ライティング 添削サンプル
ここでは、当校の IELTSアカデミックライティングの添削サンプルを見ていただきます。ライティングは添削されて初めて自分の過ちが分かります。文法の間違え、適切な表現、明確な文意などを的確に指摘した添削サンプルを参照ください。  問題文  Some people prefer to live in a house, while others feel that there are more advantages to living in an apartment.  Are there more advantages than disadvantages of living in a house compared with living in an apartment?  青ーアカデミック表現や英語的な自然な表現  赤ー訂正  緑―コメント・提案

IELTS ライティングのルールおさらい
IELTSライティングでは一般的なアカデミックライティングのルールが適用されます。今一度、Academic writing rulesを確認しましょう。  ➢ 短縮形は避ける ➡ don’t, can’t  ➢ 省略形は避ける ➡ 公式で認められている呼び名や名称以外は省略形は使わないようにします   例)A.S.A.P. – "As soon as possible," B.Y.O.B. – "Bring your own bottle" D.I.Y. – This acronym stands for "do it yourself,"  ➢ 受動態を活用する (使いすぎには注意!)  ➢ personal な例は避ける ➡ 客観性を示すためには個人的な内容をいかにして一般化して表現するかが大事。例えば、例にお友達のことを書いたり、自分の身の回りのことを書くとその人にしか当てはまらにように、主観的に聞こえてしまいます。視野を広げて、客観的にmany people, many children, many countries, などを使うように心がけましょう。

IELTSライティングの高得点例を参照
ここでは、IELTSライティング高得点のサンプル例 (band 9)を挙げます。アカデミックワードの使い方、論理的な構成、話の展開、効果的な接続詞の使い方を参照してください。IELTSライティングで高得点を目指している人は高得点のサンプルを参照して、いい表現を自分のエッセイに取り入れてください。高得点のエッセイを読むことは試験直前の対策に効果的です。  Although there is no doubt that crime must be punished, it is important to consider which type of penal system is most appropriate. While some believe that a system of fixed sentences would be adopted, I support the view that punishments should be based on motives and circumstances.

IELTS ライティング 対策と勉強法 1
IELTS ライティング 6.5 から抜け出して7以上をとる! 6.5が取れる人はたいてい4つのライティングの判定基準をある程度クリアしている人だと思います。 しかし、”これ以上何をしていいのか”と怒涛に迷っている人が多いのでは? アイエルツのスコア判定基準は4つ(IELTS の公式 band descriptors をご参照ください) タスク達成度合い 首尾一貫性とつながり 語彙力...