IELTS ライティング 5.5

IELTS ライティング 
IELTS ライティング ~ アカデミック・タスク1の対策法 アカデミック・タスク1は図表やマップなどを分析してリポート形式で書くことが求められます。 リポート形式とは、エッセイライティングとは大きく異なります。 “a report is a short, sharp, concise factual paper “ しかし、アイエルツのライティングタスク1では箇条書きのリストを作ることはおススメしません。 高得点をとるには分析力も求められるため、最も際立った特徴を順序よく述べる必要があります。

IELTSライティングの段落構成
まとめ: IELTSライティングの構成 IELTSのライティングタスク2のエッセイでの構成はどんな課題であれ、4段落構成で決まりです。 ① イントロダクション ② ボディー1 ③ ボディー2 ④ 結論 大体の文字数の目安として、イントロ30文字 ボディー1,2ともに90文字、結論40文字で合計250文字を目指しましょう。ライティングではイントロと結論は簡潔に!!300文字以上の書きすぎにも注意しましょう。 また、イントロと結論は定型文を使うこともできるので、時間と労力をかけないようにします。

IELTS ライティングのリーズニング
IELTS ライティング問題点10  10. 意味が明確でない文章がある IELTS ライティングで重要になってくるポイントの一つですが、文章が意味不明になっていないか、前の 問題点7🔗で指摘したように名詞と動詞の呼応にも関係しますが、不合理な推論 になっていないか(その原因から論理的に導かれない結果を述べているもの)に注意しましょう。一般的に理由が理由になっていない例です。  例:I turned in the paper; therefore, I will pass the class? その他、唐突に前の文との関連性がわからない文が続く場合  例:I would like to invite you to the party. Children are all friendly? , so you would enjoy it.  文と文とはお互い密接に関わっています。順番を間違ったら意味が変わってしまったり、このように、children are all friendly の文が浮いてしまいます。しばらくたってから読み返して意味が通じるかどうか確認することが大事です。

IELTS ライティング 対策法
IELTSライティング 問題点9  9. 同じ表現の使用(冗長表現)が多々ある IELTSライティングで嫌われる冗長表現。自分で書いているとなかなか分からないもですが、構想の段階で書くことを整理すると、避けることができます。また、適切な接続詞を入れることで解決する場合も多いです。 例)The skill can be acquired easily when in childhood rather than in adulthood. When we are adults, it will take a long time to learn this skill. 1文目とい2文目ほぼ同じことを言ってますね。構想を練る時に、 「大人になるとそのスキルを得ることは簡単ではない。」 としたら、そのあと何を持ってきますか? 「なぜなら、子供のようになんでも吸収できる能力が大人は衰えているからです」、または、「言い換えると大人になるとその技術を習得するのはもっと時間がかかる」となります。

IELTS ライティング コツコツ勉強法
IELTS ライティング問題点 8  8. いい表現を使う努力はみられるが、不適切に使用している IELTSライティングではアカデミック表現を適切に使うことでスコアアップが可能です。 不適切に使われているかどうかを判断するのはライティング添削を受けるのが一番ですが、 ここでは自分でできる方法を紹介します。 アカデミックな表現を習得するには毎日少しづつ覚えていく努力をしましょう。 不適切な使用がないようにリーディングの使用例から覚えていく、また、例文を必ず参照すること。問題点3/4🔗で挙げた重要な接続詞もしっかり押さえておいてください。

IELTS ライティングでは正確性が必須
IELTS ライティング問題点 7  7. 三人称単数のSや複数名詞なのに単数の動詞で受けていたりする文法エラー 問題点 5🔗と同様、文法エラーは、必ず見直しの時間を少しでも作ることで無くしていくようにしましょう。また、エラーを見つけるコツとして、文を後ろから読んでみることをおススメします。 例)I believe governments should invest on the public transportation. ☛transportation public the on invest should governments believe I. このように目が文法のエラーだけを発見しやすくなります。

アイエルツ ライティング でのテンプレ使用注意点
IELTS ライティング問題点 6  6. ボディー1、2ともに firstly, secondly , thirdly のように決まりきった構成を使用している IELTS ライティング タスク2のボディーに firstly, secondly , thirdly のように決まりきった形の構成が悪いというわけではないですが、firstly と物事を序列する時は、there are several advantages in A として、Aにはアドバンテッジ(もしくはディスアドバンテッジ)がいくつかあることを先に指摘する必要があります。その上でまず初めに、と話が続くことができるからです。 ボディの1でその構成をとったのならば、ボディーの2では違った構成にすると良いでしょう。また、Firstly, secondly, thridly と言う決まりきった形では高得点(7.0以上)を狙うことは難しいとも言われています。

IELTSライティング 文法の重要性
問題点 5  5. スペルエラーや大文字、小文字、ピリオド、コンマが不適切に使用されている これはケアレスミスと言えますが、つい犯しがちな間違えです。20分+40分のIELTSライティングに割り当てられた時間内にこのちょっとしたミステイクを直す時間をつくることがまず大事です。 タスク2では構成を10分以内に抑え、5分を見直しに充てることが大事です。このミステイクを直すことで、ミスの多い人は0.5は上がることもあります。スペルミスを犯さないためには日頃から、単語を書いて覚えることを心がけてください。 コンマ、大文字がごっちゃになった文はとても読みずらい。

IELTS ライティングはフォーマルライティング
問題点3  3. アカデミック(文語)表現と口語表現が混じってしまっている IELTS ライティングでアカデミックな表現と砕けた口語表現がまじっている文章は絶対に避けたい。しかし英語のアカデミック表現と口語表現の違いが分からないと判断が難しい。 英語は特に、口語表現と文語表現は全然違います。この点を抑えて英文を読むことが鍵となります。 英語では register (言語使用域)もしくは tone と言いますが、エッセイの中で統一されている必要があります。これはなかなか独学では難しいですが、アカデミックな記事をひたすら読み、そこでよく使われる表現、単語を覚えていくこと。また、同義語、類義語を覚えていく上で、どちらがアカデミックな単語であるかを一緒に覚えていくことをおススメします。

IELTS ライティング5.5 の壁を破るにはその問題点を認識して、そのための対策を取る必要があります。各問題点ごとの対策と勉強法を現役のIELTS講師がご紹介。問題点1 1. テンプレ表現ですが、これはあまりにも使われすぎており、得点につながらない、「テンプレをそのまま利用している=mechanical」と試験官に見られがちです。効果的な導入文とは、There is no doubt that ........ It is important to consider that........... There is common consensus that......... It is a widely-held belief that........ など。 IELTS ライティングでは、限られた字数と短い時間でトピックに沿った内容のエッセイが求められます。そのため 導入文テンプレートを持っていると便利。また、関係代名詞や分詞を用いて長い文を作ればいいというものでもないです。長すぎるとわかりづらくなる場合は、短めの方がいい。長い文章、中程度の長さの文章、短いインパ