IELTS ライティング 5.5

IELTSライティング 文法の必要性
文法は英語を学ぶ上で基礎中の基礎。文の骨組みとも言われております。IELTSでも文法は全セクションにおいて大変重要な要素となります。 例えば、リーディングでは文法知識が問われます。長文を読む上でどれが主語でどれが動詞なのか、この文はどの文を修飾しているかなど、文の構造を理解しておかないと、IELTSリーディングで出題される長文を読むのに苦労します。 また、ライティングやスピーキングセクションでも文法は評価対象となるため、複文、複合文を正しく使用しているか、文法ミスはないか等、十分注意する必要があります。 下記では、IELTSの英文法に対する観点をお話しします。

IELTSのライティングは採点基準が厳しいことで知られているため、日本での平均スコアがスピーキングと同様、一番低いセクションになります。 IELTSの平均スコアが一番高いドイツでもライティングは他のセクションよりも1.0以上低いことがわかります。そのため、急激な伸びを期待せず、早めの対策が必要です。実際ライティングのスコアを5.5から6.0に上げるのも、リーディングや他のセクションに比べて時間がかかり6.0に達するには、まずしっかりとした文法の知識が必要になります。 また、最近の社会問題に対する課題が多く、トピックが難しいと感じる方も多いようです。特に中学生や高校生の生徒様にとってはその分野の知識に乏しいため、まずはインプットを増やすことが求められる場合も少なくありません。

IELTSライティングモデルアンサー
当校のIELTS ライティングタスク1のモデルアンサーを紹介します。他社のIELTS対策サイトでもたくさんのモデルアンサーが紹介されていますが、解答例が生徒様が書いたものであったり、高得点を実証していないもの、文法の間違いがあったりと、すべてのモデルアンサーが良いとは限りません。オンラインのモデルアンサーを参照する時は、信頼できるサイトかどうか、気を付けて確認してください。また、IELTSライティングのアカデミックタスク1は、大きく3つのパターンに分けられます。ここではタスク1の3つのパターンとモデルアンサー、タスク1に使える重要表現を取り上げます。

IELTS 語数
IELTSのライティングは時間との闘いなので、課題によっては語数が足りない場合も出てきてしまう可能性はあります。しかし、文字数が足りない場合でも、極端に低いスコアが出るという心配は不要です。高得点を目指す場合は致命的なミスになりえますが、文字数が20語ほど足りなくてもIELTSのライティングで6.0を取ることができたケースがありました。ただし、全体の語数が不足していても、必ず書かなくてはいけないことはエッセイの結論です。語数が絶対的に足りていなかったので、ライティングのスコアは4.0から5.0を期待していたという、実際にテストを受けた生徒様の声を紹介します。

IELTS アイデア出し
IELTS タスク2のエッセイで、アイデアを出すのに時間を費やしていしまう方がいらっしゃいますが、ライティングのタスク2で高得点を取るには、ユニークなアイデアは必要なく、一般的なアイデアをしっかりと事実でバックアップする必要があります。アイデアは最近の社会問題に関連付けて考えると自然とアイデアがわいてきます。

IELTS タスク1の攻略、時制について
IELTS アカデミックのライティング・タスク1は3つのタイプに分かれます。図表の解析・都市の移り変わり・プロセスマップです。 どのテーマでもタスク1で共通して気を付けなければいけないのが「時制」です。タスク1で主に使われる時制は過去形・未来系(未来予想)・現在形・現在完了形の4つです。過去完了形や、未来完了形といった複雑な時制を使うことはめったにありません。 この記事では、ライティングのタスク1における「時制」について、実際の問題を例に挙げながら説明します。問題の図表やグラフのどこに注目すればいいか?問題文のどこに着目すればいいか?この記事を読んでマスターしましょう。 時制を始めとした、IELTS ライティングの「書き方のテンプレート」を覚えることは、得点アップの近道になりますよ。

IELTSライティング地図問題1
IELTSライティング アカデミックのタスク1は、図表を解析して内容をリポートする課題です。 タイプは大きく分けて3つあります。

IELTS タスク1のマップ
IELTS アカデミック ライティングのタスク1におけるテーマは主に3つに分類できますが、例外としてマップ上のロケーションを説明する問題が出題されることがあります。 出題頻度は低いですが、対策を知らないと書き出しづらい問題です。最近では以前よりもよく見かけるようになりました。 一部では有名な、Galsdon townのマップを説明する問題を見ながら、マップ問題のライティングに便利な表現や、絶対に書かなくてはいけないkeyという情報について学びましょう。この記事には、解答例(モデルアンサー)も掲載しているため、参考にしてみてください。

IELTSライティング地図問題1
IELTSアカデミックのタスク1は図表を解析して内容をリポートするライティングの課題です。タイプは大きく分けて3つの種類があります。今回は②の都市の移り変わりについて説明していきます。地図問題とは、都市(公園や病院などの公共施設も含む)の移り変わりや変化をリポートする形式の問題です。 IELTSのライティング タスク1では、テーブルや棒線ブラフなどの図表の解析が多く出題されますが、この地図問題も最近では増えている傾向にあります。どの形式の課題が出題されるかは、その時にならないと分からないので、すべてのタイプについて対策を取っておくことが大切です。書き方を覚えてしまえば、比較表現を使って特徴をまとめなければならない図表の解析よりも難しくありません。都市の移り変わりに関する問題は、表現を覚えて使い回すことができるので、一度便利な言葉や言い回しを覚えてしまえば時間の短縮にもつながります。

IELTSライティング地図問題1
このページでは、IELTS ライティング Task1の図やグラフ、表についてのリポートの仕方を説明していきます。タスク1では、テーブルや棒線ブラフなどの図表の解析を問われることが多いので、しっかりと対策を取っておくことが大切です。書き方を覚えてしまえば、表現を使いまわすことができ便利です。図表の解析では、比較級を使って特徴をまとめること、数字を正確に記載することが求められます。グラフや表の読み取りで一番大事なポイントである、最大値と最小値については必ず記載するようにしましょう。

さらに表示する