IELTS ライティング 5.5

IELTS アイデア出し
IELTS タスク2のエッセイで、アイデアを出すのに時間を費やしていしまう方がいらっしゃいますが、ライティングのタスク2で高得点を取るには、ユニークなアイデアは必要なく、一般的なアイデアをしっかりと事実でバックアップする必要があります。アイデアは最近の社会問題に関連付けて考えると自然とアイデアがわいてきます。

IELTS タスク1のマップ
IELTS アカデミック ライティングのタスク1におけるテーマは主に3つに分類できますが、例外としてマップ上のロケーションを説明する問題が出題されることがごく稀にあります。 出題頻度は低いですが、対策を知らないと書き出しづらい問題です。 一部では有名な、Galsdon townのマップを説明する問題を見ながら、マップ問題のライティングに便利な表現や、絶対に書かなくてはいけないkeyという情報について学びましょう。この記事には、解答例(モデルアンサー)も掲載しているため、参考にしてみてください。

IELTS タスク1の攻略、時制について
IELTS アカデミックのライティング・タスク1は3つのタイプに分かれます。図表の解析・都市の移り変わり・プロセスマップです。 どのテーマでもタスク1で共通して気を付けなければいけないのが「時制」です。タスク1で主に使われる時制は過去形・未来系(未来予想)・現在形・現在完了形の4つです。過去完了形や、未来完了形といった複雑な時制を使うことはめったにありません。 この記事では、ライティングのタスク1における「時制」について、実際の問題を例に挙げながら説明します。問題の図表やグラフのどこに注目すればいいか?問題文のどこに着目すればいいか?この記事を読んでマスターしましょう。 時制を始めとした、IELTS ライティングの「書き方のテンプレート」を覚えることは、得点アップの近道になりますよ。

IELTS ライティング 
IELTS ライティング アカデミックモジュールにおけるタスク1は、図表やマップなどを分析してリポート形式で書くことが求められます。リポート形式とは、エッセイライティングとは大きく異なります。しかし、アイエルツのライティングタスク1では箇条書きのリストを作ることはおススメしません。高得点をとるには分析力も求められるため、最も際立った特徴を順序よく述べる必要があります。

IELTSライティングのコツ
IELTSのライティングタスク2のエッセイでの構成はどんな課題であれ、「イントロダクション」「ボディー1」「ボディー2」「結論」という4段落構成で決まります。文字数の目安は、イントロ30文字、ボディー1・2ともに90文字、結論40文字です。合計250文字を目指しましょう。ライティングではイントロと結論は簡潔に!!300文字以上の書きすぎにも注意しましょう。また、イントロと結論は定型文を使うこともできるので、時間と労力をかけないようにします。

IELTS ライティングのリーズニング
IELTS ライティングの問題点として10点目に挙げられるのは、「意味が明確でない文章がある」ことです。IELTS ライティングで重要になってくるポイントの1つです。自分の記述が、論理的に間違いがないか確認しましょう。この記事では、前後の合理性・関連性が導けない記述を例を挙げてご紹介し、文を論理的に書く上で重要なポイントについて説明します。

IELTS ライティング5.5 の壁を破るにはその問題点を認識して、そのための対策を取る必要があります。 ライティングのスコアが5.5前後の方は、10の問題点についてチェックを行い、自身に当てはまる課題を対策していきましょう。この記事では、問題点5「スペルミス・大文字ya 小文字が正しく使用できていない」6「内容に定型的な構成が使われている」7「三単現のSの誤用といった文法ミス」8「表現の不適切な使用」9「冗長表現の繰り返し」についてご説明します。

IELTS ライティング5.5 の壁を破るにはその問題点を認識して、そのための対策を取る必要があります。各問題点ごとの対策と勉強法を現役のIELTS講師が紹介します。IELTS ライティングのスコアが5.5の方には、よく見られる10の問題点があります。例えば、いわゆる「テンプレ表現」を多用していたり、文は長いが内容がなく、反復表現が多かったり・・・様々なパターンがありますが、ポイントを踏まえればすぐに解決できる課題もあります。まずは、IELTS ライティングにおけるTask1, Task2それぞれの構成を知り、各問題点の解決策をそれぞれ確認していきましょう。この記事では、問題点1, 2, 3, 4についてご説明します。