IELTS ライティング 5.5

IELTS ライティング 
IELTS ライティング アカデミックモジュールにおけるタスク1は、図表やマップなどを分析してリポート形式で書くことが求められます。リポート形式とは、エッセイライティングとは大きく異なります。しかし、アイエルツのライティングタスク1では箇条書きのリストを作ることはおススメしません。高得点をとるには分析力も求められるため、最も際立った特徴を順序よく述べる必要があります。

IELTSライティングの段落構成
IELTSのライティングタスク2のエッセイでの構成はどんな課題であれ、「イントロダクション」「ボディー1」「ボディー2」「結論」という4段落構成で決まります。文字数の目安は、イントロ30文字、ボディー1・2ともに90文字、結論40文字です。合計250文字を目指しましょう。ライティングではイントロと結論は簡潔に!!300文字以上の書きすぎにも注意しましょう。また、イントロと結論は定型文を使うこともできるので、時間と労力をかけないようにします。

IELTS ライティングのリーズニング
IELTS ライティングの問題点として10点目に挙げられるのは、「意味が明確でない文章がある」ことです。IELTS ライティングで重要になってくるポイントの1つです。自分の記述が、論理的に間違いがないか確認しましょう。この記事では、前後の合理性・関連性が導けない記述を例を挙げてご紹介し、文を論理的に書く上で重要なポイントについて説明します。

IELTS ライティング5.5 の壁を破るにはその問題点を認識して、そのための対策を取る必要があります。 ライティングのスコアが5.5前後の方は、10の問題点についてチェックを行い、自身に当てはまる課題を対策していきましょう。この記事では、問題点5「スペルミス・大文字ya 小文字が正しく使用できていない」6「内容に定型的な構成が使われている」7「三単現のSの誤用といった文法ミス」8「表現の不適切な使用」9「冗長表現の繰り返し」についてご説明します。

IELTS ライティング5.5 の壁を破るにはその問題点を認識して、そのための対策を取る必要があります。各問題点ごとの対策と勉強法を現役のIELTS講師が紹介します。IELTS ライティングのスコアが5.5の方には、よく見られる10の問題点があります。例えば、いわゆる「テンプレ表現」を多用していたり、文は長いが内容がなく、反復表現が多かったり・・・様々なパターンがありますが、ポイントを踏まえればすぐに解決できる課題もあります。まずは、IELTS ライティングにおけるTask1, Task2それぞれの構成を知り、各問題点の解決策をそれぞれ確認していきましょう。この記事では、問題点1, 2, 3, 4についてご説明します。