IELTS ライティング 5.5

まとめ: IELTSライティングの構成 IELTSのライティングタスク2のエッセイでの構成はどんな課題であれ、4段落構成で決まりです。 ① イントロダクション ② ボディー1 ③ ボディー2 ④ 結論 大体の文字数の目安として、イントロ30文字 ボディー1,2ともに90文字、結論40文字で合計250文字を目指します。...

問題点10 10. 意味が明確でない文章がある IELTS ライティングで重要になってくるポイントの一つですが、文章が意味不明になっていないか、前の 問題点7🔗で指摘したように名詞と動詞の呼応にも関係しますが、不合理な推論 になっていないか(その原因から論理的に導かれない結果を述べているもの)に注意しましょう。一般的に理由が理由になっていない例です。...
問題点9 9. 同じ表現の使用(冗長表現)が多々ある IELTSライティングで嫌われる冗長表現。自分で書いているとなかなか分からないもですが、構想の段階で書くことを整理すると、避けることができます。また、適切な接続詞を入れることで解決する場合も多いです。 例)The skill can be acquired easily when in childhood rather than in adulthood. When we are adults, it will take a long time to learn...
問題点 8 8. いい表現を使う努力はみられるが、不適切に使用している IELTSライティングではアカデミック表現を適切に使うことでスコアアップが可能です。 不適切に使われているかどうかを判断するのはライティング添削を受けるのが一番ですが、 ここでは自分でできる方法を紹介します。...
問題点 7 7. 三人称単数のSや複数名詞なのに単数の動詞で受けていたりする文法エラー
問題点 6 6. ボディー1、2ともに firstly, secondly , thirdly のように決まりきった構成を使用している IELTS ライティング タスク2のボディーに firstly, secondly , thirdly のように決まりきった形の構成が悪いというわけではないですが、firstly と物事を序列する時は、there are several advantages in A...
IELTS ライティングの5.5の問題点 と対策、勉強法をご紹介。スペルエラーや大文字、小文字、ピリオド、コンマなどを不適切に使用していませんか。
IELTS ライティングの問題点3・4とその対策。Task 2のエッセイではアカデミックレベルの表現、用語を使う必要があります。また重要リンキングワードや接続詞をご紹介。
IELTS ライティング5.5 の問題点 2 に自分の主張がそもそも曖昧な場合があります。まずは質問に対する自分の考え、立場をはっきりさせること。ここでは一例をあげて説明します。
IELTS ライティング5.5 の壁を破るにはその問題点を認識して、そのための対策を取る必要があります。各問題点ごとの対策と勉強法を現役のIELTS講師がご紹介。