IELTS スピーキング

IELTSスピーキングネタに困ったとき、思いつかない時の対処法
日本語でもなんと答えていいか分からない問題がIELTSのスピーキングではよく出題されます。IELTSのスピーキングでは、パート1で質問されるような日常的な話題からコミュニケーション能力を測られます。何気ない質問からどれくらい会話を弾ませられるかという側面で、コミュニケーション能力を測ろうとしているのです。「特にありません」と回答してしまったり、「読書です」と短いセンテンスで回答を終わらせてしまうと会話が弾みにくいため、コミュニケーション能力に欠けると評価される可能性があり、点数にはつながりません。そのため、質問には何か答えることが求められます。 IELTSのスピーキングでは、ある3つのポイントを特に意識すると、会話のネタに困ることが少なくなります。

IELTS スピーキング例題
IELTS特有のスピーキング問題は普通の英会話とは違います。IELTSに特化した例題に対する答えがすぐに出てくるようにアウトプットの練習に励みましょう。答えは暗記するのではなく、練習時には、言い方をその都度変えてみるのも応用力、言い換え表現を養う練習になります。

IELTS スピーキング暗記 やっていけない メカニカル スピーキング
解答を暗記してIELTSのスピーキング試験を受けていませんか?IELTSのスピーキング試験は、試験とはいえ生身の人間である試験官との対話です。試験官の質問に対して、暗記した解答で、考えることなくすぐに気の利いた答えが返ってくると、メカニカル(自動的、機械的)なスピーキングと判断され、高得点が出にくくなります。特に、Overallで高得点を目指している方は、日本人の苦手とされているSpeakingでも高得点を取ることが必要不可欠。メカニカルなスピーキングと捉えられるポイントは大きく分けて4つあります。「1. 難しい質問でもすぐに答える」「2. 話すスピードが速い」「3. 話すスピードに変化がない」「4. イントネーションに乏しい」それぞれのポイントについて解説し、対策やコツをご説明します。

IELTSスピーキングのフレーズ
IELTSスピーキング対策 19 - 仮定法を活用して高得点につなげる- IELTS スピーキングで高得点(バンドスコア7.0-8.0) を取れる秘訣の一つに、仮定法(仮定法過去や仮定法過去完了)を活用する手があります。 実際のスピーキングの試験で使う機会はたくさんあります。特にパート3のスピーキングで活用しましょう。また、if を使って話を発展させることができるのでとっても有効的です。仮定法がシッカリと使えることを試験官にアピールして、スコアアップにつなげましょう。

IELTSスピーキング独学対策
強調表現ー副詞の活用 IELTS スピーキングのためだけに限らず、日頃から自分の意見を誇張することはとても大事なことです。 特に自分が思っていること強調するために副詞を活用します。副詞を活用することで自分の意見をむしろはっきりと伝えることができ、豊かな表現にすることができます。 例)1 I absolutely agree with the idea xxxxxx. I'm enjoying it a lot. I will learn Spanish for sure. I currently work as an office manager So yes, I definitely have to work with other people.

IELTS スピーキングで大事なこと-speak your mind!!
IELTSスピーキングのフルサンプルをご紹介。こちらは7.0-7.5のバンドスコアのサンプルです。最新のケンブリッジ IELTS13 のテキストから課題を選択しました。現役のMAEの生徒さんのサンプルは必見です。 このサンプルのように、例を挙げたり、できるだけ物事の詳細を述べたりすることでスコアアップを実現しましょう。

IELTS スピーキング~パート3の攻略法 IELTS スピーキングのPart 3 は試験官とのディスカッション形式で行われます。パート2に関連したトピックについてさらに詳細な説明や自分の意見、提案、解決策、将来のことなどが聞かれます。例を挙げて、なるべく詳細に説明することがスコアアップにつながります。時間は約5分程ですが、その時間はほぼ自分が話していると思ってください。 踏み込んだ質問、一般論などが聞かれることが多いので、質問に回答をするだけでなく、例を挙げたり、2つの意見を対立させたり ( on the other hand, although, having said that などの表現を活用する)、 ライティングのエッセイのようにadvantages とdisadvantages を述べるなど、物事を多角的に見た上での意見を述べると高得点がとれます。

IELTSスピーキングのパート2ではTopicカードを提示されてそのトピックについて2分間でスピーチをすることが要求されます。1分間の準備時間の間にメモを取ることができます。2分ギリギリまで自発的に詳細を話すことで高得点を目指せます。 トピックは「あなたのお気に入りのお店」、「旅行」、「学びたいスポーツ」、「尊敬する人」、「よく訪れるウェブサイト」、「知り合いの年配」、などなど身近な話題が多いです。課題を変えることはできないので試験対策時に大体の課題を網羅しておくと話題に詰まることはなくなります。質問はガイドラインと言われ、必ず従わなければならないものではありませんので、自分が話したいようにトピックの指針を決めていくことも可能です。当校では採用しているストラトジーを利用してどんな課題もフルアンサーができるように準備しましょう。

IELTSスピーキングのパート1は、general questions と言われ、試験官に自分を知ってもらう自己紹介をするパートと思ってください。最も多い話題としてはhometown のことについて、家族や友達ことについてと言えますが、その他、料理、仕事、勉強、旅行、趣味、スポーツや交通機関、近所の人について、天気などが聞かれますので、この項目についての質問パターンを網羅すると良いでしょう。  1. Do you like travelling (cooking, music) など、何かが好きかどうか聞かれますので、その答えと理由を言いましょう。  回答例)I like cooking, because I think cooking makes me relaxed and I can make whatever I want to eat.   ←このぐらいの長さの答えでちょうどいいと思います。

IELTSスピーキングのコツ9
トピック別単語を習得する  IELTSスピーキングでスコアアップするには、IELTSのライティングでも求められるトピック別単語の習得が必須です。パート2とパート3でとても役に立ちます。IELTS スピーキングで頻繁に出るトピックには  Music  Environment  Communication  Art  Education  Shopping  Sports  Space  Transportation などのテーマがあります。

さらに表示する