IELTS対策ならMAE
【初心者でもできる】IELTS対策と勉強法 IELTS アカデミック【ジェネラルとの違い】 IELTS 5.5 - 6.0 レベルとは? IELTS対策本と効果的な勉強法 IELTS試験直前対策とIELTS試験当日の注意事項 IELTS スコア 【バンドスコア 換算とスコア 採点方法】 IELTSのスコアが伸びない人必見!IELTSのスコアが伸び悩む理由 日本人のIELTSスコア平均┃データーから解析 IELTS 7.0を目指す! ┃スコア...

IELTS 8 のスコア
海外大学や大学院留学、海外での就職や移民などで必要な英語力の証明として使われているIELTSですが、8.0を取得するのはそれなりの努力と時間を要すると思ってください。 IELTS 8.0を他の英語試験に換算すると、TOEICは満点、英検だと1級が取れるレベルで、TOEFL ibtでは110~114点と言われています。ネイティブがIELTSを受験したとしても8.5くらいのスコアと言われていることを考えると、とても高いレベルです。

IELTSスピーキングネタに困ったとき、思いつかない時の対処法
日本語でもなんと答えていいか分からない問題がIELTSのスピーキングではよく出題されます。IELTSのスピーキングでは、パート1で質問されるような日常的な話題からコミュニケーション能力を測られます。何気ない質問からどれくらい会話を弾ませられるかという側面で、コミュニケーション能力を測ろうとしているのです。「特にありません」と回答してしまったり、「読書です」と短いセンテンスで回答を終わらせてしまうと会話が弾みにくいため、コミュニケーション能力に欠けると評価される可能性があり、点数にはつながりません。そのため、質問には何か答えることが求められます。 IELTSのスピーキングでは、ある3つのポイントを特に意識すると、会話のネタに困ることが少なくなります。

英文法 分詞構文 独立分詞構文
分詞構文とは、分詞が時や条件などの副詞節の働きをする構文のことです。 分詞とは、動詞が変化して形容詞・副詞の役割を持つもので、動詞に -ing がついたものを現在分詞、動詞に -ed がついたものを過去分詞と言います。ただし、動詞には、過去形・過去分詞になる時に不規則な変化をするものがありますので注意しましょう。 それでは、早速分詞構文を使った英文を見てみましょう。

IELTSライティングモデルアンサー
当校のIELTS ライティングタスク1のモデルアンサーを紹介します。他社のIELTS対策サイトでもたくさんのモデルアンサーが紹介されていますが、解答例が生徒様が書いたものであったり、高得点を実証していないもの、文法の間違いがあったりと、すべてのモデルアンサーが良いとは限りません。オンラインのモデルアンサーを参照する時は、信頼できるサイトかどうか、気を付けて確認してください。また、IELTSライティングのアカデミックタスク1は、大きく3つのパターンに分けられます。ここではタスク1の3つのパターンとモデルアンサー、タスク1に使える重要表現を取り上げます。

IELTS再採点の結果
IELTS再採点とは!? IELTSのテスト結果を受け取り、スコアに疑問がある場合、再採点を申請することができます。正式には Enquiry on Results(EOR)と言われます。ほとんどの生徒様はスピーキングかライティングで自分が思ったスコアよりも低く採点された結果、再採点を申請します。リスニングとリーディングは正解率でスコアが換算されるので再採点を申請しても、変わらない可能性の方が高いと言えます。                 

IELTS 5.5
IELTS スコア 5.5 のレベル (アカデミック)はフィリピンやマレーシアなどアジアや英語圏以外の大学留学で必要とされるレベルです。 カナダなどの英語圏の教育機関でも、ほとんどの場合は6.0が必要ですが、5.5 で入学できるカレッジもあります。 IELTSのスコア 5.5 は、バンドスコア 5.0 の条件は満たしているが、バンド 6 に満たないスコアとなります。...

IELTS対策 アプリ
IELTSのスコアアップを握る鍵は、移動中やスキマ時間をどれだけ学習に充てられるかになります。 IELTS対策アプリを使えば、机に向かうのが面倒な時でも、スマホやタブレットでIELTSの対策が可能です。 最近では目的や用途に合わせて様々なアプリがリリースされています。 数あるアプリの中でも、IELTS対策に使える、完全無料のアプリをまとめました。...

IELTS 7【7を取るための対策と勉強法】
IELTS 7.0(アカデミックモジュール)は、英語圏の大学院留学で必要となるレベルです。 “A score of IELTS 7.0 or 7.5 is evidence that your English is good enough to join any university course, even at elite Oxbridge and Ivy League institutions“ 大学院によっては、IELTSのスコアが6.5でも出願可能なところもありますが、平均して7.0から7.5を必要とされます。

IELTS スピーキング例題
IELTS特有のスピーキング問題は普通の英会話とは違います。IELTSに特化した例題に対する答えがすぐに出てくるようにアウトプットの練習に励みましょう。答えは暗記するのではなく、練習時には、言い方をその都度変えてみるのも応用力、言い換え表現を養う練習になります。

さらに表示する