IELTS対策ならMAE
IELTSとは 【初心者でもできる】IELTS対策と勉強法 IELTS アカデミック【ジェネラルとの違い】 高校生が学ぶ IELTS IELTS対策本と効果的な勉強法 IELTS試験直前対策とIELTS試験当日の注意事項 IELTS スコア 【バンドスコア 換算とスコア 採点方法】 IELTSのスコアが伸びない人必見!IELTSのスコアが伸び悩む理由 日本人のIELTSスコア平均┃データーから解析 IELTS 7.0を目指す!...

この章では、MAE講師による無冠詞についてのレッスンです。冠詞という概念は日本語にはないものなので、文法項目の中でも習得が難しい分野と言えます。したがって、論理を押さえておくことが大事。それぞれの冠詞にはイメージがあります。もともと持っているイメージを思い浮かべるとよいでしょう。MAEの代表として、Kiyo, Mizuki, Koji講師が教えます。...

IELTS ライティング 6.0は文法力が決め手
IELTSを含め英語学習をしていく上で避けては通れない英文法。特に英文を書いたり話したりする時に、確実に相手に伝わる正しい文章が作れるための知識が必要です。 日常会話をしていて通じてしまう言い回しでも、ライティングの場合は間違いとしてカウントされ、スコア減点に繋がることは言うまでもありません。 この記事では、相手に正確に伝わる(&スコアアップ)英文法を身に付けるためのコツをお伝えします。

ディスコースマーカー【Discourse Marker】の重要性
ディスコースマーカーとは「つなぎ言葉」とも言われて、日本語では「さらに」、「一方で」、「すなわち」などの用語を表します。IELTSのスピーキング、ライティング、リーディング、リーディングどのセクションにおいてとても重要です。各ディスコースマーカーの役割をしっかりと理解し、覚え、そして自分で使いこなせるようにしましょう。

IELTSリスニングPart 4 徹底攻略
IELTSリスニングPart 2は、一人のスピーカーによるイベント紹介や日常的なスピーチとなり、話しの流れが分かっていないとミスに繋がる、真のリスニング力が問われるセクションです。

IELTSリスニングPart 2&Part 3 徹底攻略
IELTSリスニングPart 2は、一人のスピーカーによるイベント紹介や日常的なスピーチとなり、話しの流れが分かっていないとミスに繋がる、真のリスニング力が問われるセクションです。

倒置構文 2.【文法構造上の倒置】
英語は通常「主語(S)+動詞(V)」という構成が基本ですが、これが「動詞(V)+主語(S)」と語順が変わった構文を倒置構文と呼びます。前回は「強調による倒置」を説明しましたが、 今回は、「文法構造上の倒置」に焦点を当て、解説をしていきます。 倒置構文をマスターしましょう。

倒置構文 1.【強調のための倒置】
英語は通常「主語(S)+動詞(V)」という構成が基本ですが、これが「動詞(V)+主語(S)」と語順が変わった構文を倒置構文と呼びます。もし通常の構文が「主語(S)+助動詞+動詞(V)」の場合、倒置構文はどうなりますでしょうか。ご想像の通り、「助動詞+主語(S)+動詞(V)」という形になります。 倒置には大きく分けると、「強調のための倒置」そして「文法構造上の倒置」の2つが存在するのはご存知でしたか? 今回は、「強調のための倒置」に焦点を当て、解説をしていきます。

IELTS ライティングノート
ライティングノートとは、IELTSライティングのサンプルアンサーやリーディング、参考書から学んだ表現や語彙、言い換え表現を自分でまとめたノートのことを指します。ライティングのスコアを向上するためには、ライティングノートを地道に作成し、アカデミックな表現の仕方を自由に使いこなすことが非常に大切です。 今回は、ライティングノート作成・使用の上で重要なポイントを4点お伝えいたします。

こちらは、上級編となります。~「瞬間英作文」とは、「日本語を見て(読んで)、即座に英語に訳す」ことです。日本語を見て、5秒以内に英語を声に出します。上級編では複文を使ったトレーニングになります。中級編よりやや文章も長くなります。重要なのは「口に出すこと / 声を出すこと」です。短時間でもいいので、毎日繰り返し練習して、英語を口にすることに慣れましょう。

さらに表示する