IELTS対策ならMAE
IELTSとは 【初心者でもできる】IELTS対策と勉強法 IELTS アカデミック【ジェネラルとの違い】 高校生が学ぶ IELTS IELTS対策本と効果的な勉強法 IELTS試験直前対策とIELTS試験当日の注意事項 IELTS スコア 【バンドスコア 換算とスコア 採点方法】 IELTSのスコアが伸びない人必見!IELTSのスコアが伸び悩む理由 日本人のIELTSスコア平均┃データーから解析 IELTS 7.0を目指す!...

この章では、MAE講師による無冠詞についてのレッスンです。冠詞という概念は日本語にはないものなので、文法項目の中でも習得が難しい分野と言えます。したがって、論理を押さえておくことが大事。それぞれの冠詞にはイメージがあります。もともと持っているイメージを思い浮かべるとよいでしょう。MAEの代表として、Kiyo, Mizuki, Koji講師が教えます。...

that節と関係代名詞thatの違い -  【関係代名詞thatを知ろう】
文法を勉強していく上で必ずぶつかる、that節と関係代名詞that。避けて通れないが故に、「何が違うの?」という質問も多く頂きます。 今回は、関係代名詞thatについてお話をしていきます。 そもそも「関係代名詞」とは何のことでしょうか?日本語にない概念が故に理解しづらく、混乱してしまうのも当然です。 関係代名詞は「関係詞」と呼ばれる品詞の仲間で、文の前後を繋げる役割を持つものです。 簡単に言えば、「関係代名詞はその前にある名詞について、これから説明をする」という目印になるものです。

that節と関係代名詞thatの違い -  【that節を知ろう】
文法を勉強していく上で必ずぶつかる、that節と関係代名詞that。避けて通れないが故に、「何が違うの?」という質問も多く頂きます。 今回は、that節についてお話をしていきます。 そもそもthat節とは何を示すのでしょうか?これは厳密に言うと、「名詞節を導く従属接続詞」=文(主語と動詞を持つ)が名詞の役割を果たすものを示すものとなります。

IELTS ライティング 6.0は文法力が決め手
IELTSを含め英語学習をしていく上で避けては通れない英文法。特に英文を書いたり話したりする時に、確実に相手に伝わる正しい文章が作れるための知識が必要です。 日常会話をしていて通じてしまう言い回しでも、ライティングの場合は間違いとしてカウントされ、スコア減点に繋がることは言うまでもありません。 この記事では、相手に正確に伝わる(&スコアアップ)英文法を身に付けるためのコツをお伝えします。

ディスコースマーカー【Discourse Marker】の重要性
ディスコースマーカーとは「つなぎ言葉」とも言われて、日本語では「さらに」、「一方で」、「すなわち」などの用語を表します。IELTSのスピーキング、ライティング、リーディング、リーディングどのセクションにおいてとても重要です。各ディスコースマーカーの役割をしっかりと理解し、覚え、そして自分で使いこなせるようにしましょう。

IELTSリスニングPart 4 徹底攻略
IELTSリスニングPart 2は、一人のスピーカーによるイベント紹介や日常的なスピーチとなり、話しの流れが分かっていないとミスに繋がる、真のリスニング力が問われるセクションです。

IELTSリスニングPart 2&Part 3 徹底攻略
IELTSリスニングPart 2は、一人のスピーカーによるイベント紹介や日常的なスピーチとなり、話しの流れが分かっていないとミスに繋がる、真のリスニング力が問われるセクションです。

倒置構文 2.【文法構造上の倒置】
英語は通常「主語(S)+動詞(V)」という構成が基本ですが、これが「動詞(V)+主語(S)」と語順が変わった構文を倒置構文と呼びます。前回は「強調による倒置」を説明しましたが、 今回は、「文法構造上の倒置」に焦点を当て、解説をしていきます。 倒置構文をマスターしましょう。

倒置構文 1.【強調のための倒置】
英語は通常「主語(S)+動詞(V)」という構成が基本ですが、これが「動詞(V)+主語(S)」と語順が変わった構文を倒置構文と呼びます。もし通常の構文が「主語(S)+助動詞+動詞(V)」の場合、倒置構文はどうなりますでしょうか。ご想像の通り、「助動詞+主語(S)+動詞(V)」という形になります。 倒置には大きく分けると、「強調のための倒置」そして「文法構造上の倒置」の2つが存在するのはご存知でしたか? 今回は、「強調のための倒置」に焦点を当て、解説をしていきます。

さらに表示する