IELTS対策ならMAE
IELTSとは 【初心者でもできる】IELTS対策と勉強法 IELTS アカデミック【ジェネラルとの違い】 高校生が学ぶ IELTS IELTS対策本と効果的な勉強法 IELTS試験直前対策とIELTS試験当日の注意事項 IELTS スコア 【バンドスコア 換算とスコア 採点方法】 IELTSのスコアが伸びない人必見!IELTSのスコアが伸び悩む理由 日本人のIELTSスコア平均┃データーから解析 IELTS 7.0を目指す!...

「聞いた英文を書きとる勉強法」として知られ、効果的にリスニング力を高めると言われているディクテーション。今まで学校や自主学習などを通してディクテーションをやってきた方も多いとは思いますが、「効果が出ない」「きちんとしたやり方が分からない」という人もいるのではないでしょうか? やり方を間違えてしまうと、時間をかけても思うような効果が出ないディクテーションの効果的な勉強法をご紹介します。 「何回読んでもサッパリ頭に内容が入ってきません!」 「何度も何度も同じ文章を読んでしまいます。」

英語をコツコツ勉強してきている方でも、IELTSのリーディングは難しくて、時間が足りないという方がいらっしゃいます。 「何回読んでもサッパリ頭に内容が入ってきません!」 「何度も何度も同じ文章を読んでしまいます。」 すぐに頭に残らないという方や、時間をかけて知らない単語を調べながら訳して何とか分かる方は、文章が日本語で書かれていても内容がむずかしくて分からないという方が多いように思われます。日本語に訳した際の理解力とでも言えるでしょうか。

IELTSのスピーキングはコンピューター形式でもペーパー形式でも試験官と1対1の面接形式で行われます。 嬉しいことに、皆の前で話す必要はなく、個室に入って行われます。基本的にはその時のスピーキング試験官が、あなたのスピーキングのスコアをその場で決めます。試験官はレコーディングをしていますが、そのレコーディングは試験官を監視するものでもあり、再採点の場合などの必要がない限りは録音を聞き直すことはしないと言われています。 受験者一人あたりの所要時間は12~15分。スピーキングの面接は非常に短いです。 こんな短い面接の間に、スピーキングの能力を試験官はどのように採点するか解析していきます。

IELTS ライティングのパート2のエッセイで、「Give reasons for your answer and include any relevant examples from your own knowledge or experience」と書かれているので「自分の経験を挙げてもいいのか?」という質問が多くあります。また、「必ず例を挙げなくてはいけない!」と思っている方も多くいらっしゃいます。...

医師の方たちは最先端の医療技術に触れて学びたいと思うのは当然のこと。海外で活躍するためにはどうしたらよいのか。論文を書いたり、自分の研究分野でのカンファレンスなどに出席したり、英語を使う機会が多い医師ですが、実際に海外で働くためにはIELTSやTOEFLなどの英語資格が必要です。...

IELTS (International English Language Testing System)は、海外大学への進学や留学などで活用されるテストの一つで、世界各地で毎年350万人を超える人達が受験する英語資格試験です。国際的な認知度も高いため、日本でも受験者は増加の一途を辿っています。IELTSの詳しい概要などは、当校の「IELTSとは」の記事も参照ください。

この章では、MAE講師による無冠詞についてのレッスンです。冠詞という概念は日本語にはないものなので、文法項目の中でも習得が難しい分野と言えます。したがって、論理を押さえておくことが大事。それぞれの冠詞にはイメージがあります。もともと持っているイメージを思い浮かべるとよいでしょう。MAEの代表として、Kiyo, Mizuki, Koji講師が教えます。...

so, as, too + 形容詞 + a(n) + 名詞の語順の不思議
「so, as, tooの直後はどうして形容詞+a(n)+名詞の語順なのか?」 この質問は、英語を勉強している中でほとんどの方がぶつかる疑問ではないでしょうか。 「so, as, too」は厄介でありますが、文法のルールを学べはなっとく! ここではこの疑問を徹底解説していきます。

倒置構文 3.【倒置が起こらない So】
Soが文頭に来た場合、原則として後ろに続く文は、「So+V(動詞)+S(主語)」という基本的なルールがありますね。 しかし稀に、Soが文頭に来ているにも関わらず倒置が起こらない場合があることをご存知でしたでしょうか? 英語独特の上級者ルールを一緒に見ていきましょう。

さらに表示する