IELTS対策ならMAE
【初心者でもできる】IELTS対策と勉強法 IELTS アカデミック【ジェネラルとの違い】 IELTS 5.5 - 6.0 レベルとは? IELTS対策本と効果的な勉強法 IELTS試験直前対策とIELTS試験当日の注意事項 IELTS スコア 【バンドスコア 換算とスコア 採点方法】 IELTSのスコアが伸びない人必見!IELTSのスコアが伸び悩む理由 日本人のIELTSスコア平均┃データーから解析 IELTS 7.0を目指す! ┃スコア...

IELTSスピーキングネタに困ったとき、思いつかない時の対処法
日本語でもなんと答えていいか分からない問題がIELTSのスピーキングではよく出題されます。IELTSのスピーキングでは、パート1で質問されるような日常的な話題からコミュニケーション能力を測られます。何気ない質問からどれくらい会話を弾ませられるかという側面で、コミュニケーション能力を測ろうとしているのです。「特にありません」と回答してしまったり、「読書です」と短いセンテンスで回答を終わらせてしまうと会話が弾みにくいため、コミュニケーション能力に欠けると評価される可能性があり、点数にはつながりません。そのため、質問には何か答えることが求められます。 IELTSのスピーキングでは、ある3つのポイントを特に意識すると、会話のネタに困ることが少なくなります。

IELTSのスピーキングは3つのパートに分かれており、パート2では課題に対して2分間のスピーチを行います。自分の経験や過去のエピソードについて話す話題が多く、通常では日常的な内容について取り上げられます。1分間考える時間を設けられますが、それ以上の時間は与えられませんのでご注意ください。 トピックカードを受け取ったら、試験官がストップウォッチで時間を計り始めます。同時にメモと鉛筆も渡されますので自分の言いたいことをまず、思いついた順に箇条書きにしましょう。メモは日本語で取っても英語で取ってもどちらでも構いません。

IELTS 日本人講師
IELTSの試験対策を行う学校は数多くあり、その中でもネイティブ講師がIELTSを教える学校も少なくありません。 英語を学ぶ上で日本人講師もネイティブ講師もそれぞれメリットはありますが、試験対策には日本人講師がよいという理由がたくさんあります。 まず、英語で解説されるレッスンを理解することができれば英語上級者です。このレベルの方がネイティブから教わるのであれば、自然な英語表現やリスニング力の向上に役立つかと思います。一方で英語初級者やリスニング力が備わっていない方は、ネイティブの解説が理解できず、せっかく高いお金を出したのに無駄に終わってしまうケースが多いです。

IELTS 独学
IELTSは独学で勉強できるのかについてお話しします。 まず、IELTSを独学で勉強することは可能です。しかし独学でIELTSの対策をとるのには初めに、期間、勉強量、目標スコアと言ったしっかりとしたプランを立てることがとても大切です。 計画をしっかり立てることでゴールを明確にイメージすることができ、勉強に対する自分へのモチベーションも保つことができます。

IELTSを対策なし
明日はIELTS試験本番なのに、試験勉強の方法が分からず前日を迎えてしまった方、試験対策を特にせずぶっつけ本番で受ける方も中にはいらっしゃるかと思います。 IELTSはライティング、リーディング、リスニング、スピーキングと4つのセクションで構成されています。特にライティング・スピーキングなど、学校ではあまり取り組まない技能もテストされるため、特別な対策なしで受けるには少し負担が大きい試験です。今からでもできるIELTS対策として知っておいて欲しいことを紹介していきます。

IELTS 8 のスコア
海外大学や大学院留学、海外での就職や移民などで必要な英語力の証明として使われているIELTSですが、8.0を取得するのはそれなりの努力と時間を要すると思ってください。 IELTS 8.0を他の英語試験に換算すると、TOEICは満点、英検だと1級が取れるレベルで、TOEFL ibtでは110~114点と言われています。ネイティブがIELTSを受験したとしても8.5くらいのスコアと言われていることを考えると、とても高いレベルです。

英文法 分詞構文 独立分詞構文
分詞構文とは、分詞が時や条件などの副詞節の働きをする構文のことです。 分詞とは、動詞が変化して形容詞・副詞の役割を持つもので、動詞に -ing がついたものを現在分詞、動詞に -ed がついたものを過去分詞と言います。ただし、動詞には、過去形・過去分詞になる時に不規則な変化をするものがありますので注意しましょう。 それでは、早速分詞構文を使った英文を見てみましょう。

IELTSライティングモデルアンサー
当校のIELTS ライティングタスク1のモデルアンサーを紹介します。他社のIELTS対策サイトでもたくさんのモデルアンサーが紹介されていますが、解答例が生徒様が書いたものであったり、高得点を実証していないもの、文法の間違いがあったりと、すべてのモデルアンサーが良いとは限りません。オンラインのモデルアンサーを参照する時は、信頼できるサイトかどうか、気を付けて確認してください。また、IELTSライティングのアカデミックタスク1は、大きく3つのパターンに分けられます。ここではタスク1の3つのパターンとモデルアンサー、タスク1に使える重要表現を取り上げます。

IELTS再採点の結果
IELTS再採点とは!? IELTSのテスト結果を受け取り、スコアに疑問がある場合、再採点を申請することができます。正式には Enquiry on Results(EOR)と言われます。ほとんどの生徒様はスピーキングかライティングで自分が思ったスコアよりも低く採点された結果、再採点を申請します。リスニングとリーディングは正解率でスコアが換算されるので再採点を申請しても、変わらない可能性の方が高いと言えます。                 

さらに表示する