IELTS 情報

IELTS 5.5
IELTS スコア 5.5 のレベル (アカデミック)はフィリピンやマレーシアなどアジアや英語圏以外の大学留学で必要とされるレベルです。 カナダなどの英語圏の教育機関でも、ほとんどの場合は6.0が必要ですが、5.5 で入学できるカレッジもあります。 IELTSのスコア 5.5 は、バンドスコア 5.0 の条件は満たしているが、バンド 6 に満たないスコアとなります。...

IELTS対策 おすすめアプリ
IELTSのスコアアップを握る鍵は、移動中やスキマ時間をどれだけ学習に充てられるかになります。 アプリを使えば、机に向かうのが面倒な時でも、スマホやタブレットでIELTSの対策が可能です。 最近では目的や用途に合わせて様々なアプリがリリースされています。 数あるアプリの中でも、IELTS対策に使える、無料のアプリをまとめました。 アプリを利用する時の注意点...

IELTS 7【7を取るための対策と勉強法】
IELTS 7.0(アカデミックモジュール)は、英語圏の大学院留学で必要となるレベルです。 “A score of IELTS 7.0 or 7.5 is evidence that your English is good enough to join any university course, even at elite Oxbridge and Ivy League institutions“ 大学院によっては、IELTSのスコアが6.5でも出願可能なところもありますが、平均して7.0から7.5を必要とされます。

IELTS 日本人 平均点
留学や移民などの英語能力の証明のため、地位が高まっているIELTS。日本ではもちろん、世界各国で受験されており、IELTSの公式サイトでは性別・国籍別・第一言語別の取得スコアの平均点が参考データとして公開されています。IELTSの平均点は?また、英語が苦手と言われている日本人はどのように対策を取るべきなのか解説します。

IELTS (アイエルツ)のびない
IELTSのスコアが伸びない方と、着実に伸びていく方の学習の特徴を見比べてみると、スコアが伸び悩む理由がはっきりと見えてきます。英語の上達において、大切なポイントは6つあります。復習をしていますか? 語彙力を軽視していませんか?英語基礎能力(文法の理解等)を高める勉強法を取り入れていますか?たくさんの参考書に手を出して、中途半端に取り組んでいませんか?自分のやり方や概念に囚われて、講師のアドバイスを無視したり、効率的な勉強法を考えず、むやみに時間を費やしていませんか?勉強法は合っていますか?スコアアップにはどのような勉強法が効果的かご存じでしょうか。それぞれの要素について、確認していきましょう。

IELTS スコア
IELTSの採点はバンドスコアと呼ばれる1-9までの9段階スコアで0.5刻みで示されます。BANDスコアはリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの各モジュール毎にスコアがつきます。4 つのセクションのスコアを足して4で割った合計(平均点)が オーバーオールバンドスコアとなります。その数字に一番近いバンドのスコアに切り上げもしくは切り下げされます。例えば 5.75 は総合スコア 6.0 になりますが、5.675 の場合は 5.5 が総合スコアとなります。

IELTS試験直前対策とIELTS試験当日の注意事項
IELTS試験まで時間がないけど、何をすれば一番効果的で、0.5でもあげることができるか!? 逆に直前にやっても意味のないことって何でしょうか。直前にやれるリスニング、リーディング、ライティング、スピーキング対策とは何? 直前までできることは単語を覚えることはできます。単語を覚えることは日々やっておいてほしいことですので、試験直前まで続けてください。

IELTS 対策本、IELTS 勉強法
IELTSの学習には、(英語名)IELTS Academic Student's Book with Answers with Audio: Authentic Practice Tests (IELTS Practice Tests)が一番です。 数字が大きいものほど最近出版されたものになります。 現在、こちらのIELTS問題集は、アイエルツ 1から15までが出版されています。 数字が少ない方が古いのですが、古い本を購入しても問題形式はあまり昔から変わっていませんが、1-3は出題形式が違うので購入しないようにしましょう。 新しい問題集から順番に取り組んでいき、5まではIELTSの対策本として使えます。

IELTS 高校生 勉強法
高校生に必須なレベルである、IELTS 6.0 。最近では、海外の大学に入学するのに必要とされるだけでなく、日本の大学に入学するためにも、そして交換留学生として英語力を証明するためにも必要となってきているIELTS のアカデミック。また、IELTSのスコアを提出すれば英語の試験免除、加点となる大学もあります。当校でもIELTS受験のために高校生の生徒様も増えてきています。大学の目標スコアであれば、アイエルツアカデミック5.5から6.0を目指す方が多いかと思います。そのためのIELTS学習どのように進めてよいか悩むところ。IELTS 6.0に最適な勉強法を教えます。

初心者のためのIELTS 対策とIELTS勉強法
IELTSとは(英語名)The International English Language Testing Systemの略称で、リスニング、リーディング、スピーキング、ライティングという4つの技能について、英語力を測る試験です。 IELTSには、目的に応じて「IELTS アカデミック」と「IELTS ジェネラル」の2つのモジュールが用意されています。 海外の大学への留学や、日本の大学でも、海外からの進学の場合、IELTS アカデミックのスコアの提出が求められます。 英語圏に移民や移住をするには、IELTSジェネラルのスコアが必要となります。 日本では、日本英語検定協会とIDP EDUCATIONの2つの母体がIELTSの試験実施を主催しています。 コンピュータ試験も導入され、東京と大阪でIELTSテストをコンピューターで受験することができるようになりました。 IELTSでは、英語の4技能すべてをテストするため、試験は半日から1日かかります。