IELTS 情報

IELTS試験直前対策とIELTS試験当日の注意事項
IELTS試験まで時間がないけど、何をすれば一番効果的で、0.5でもあげることができるか!? 逆に直前にやっても意味のないことって何でしょうか。直前にやれるリスニング、リーディング、ライティング、スピーキング対策とは何? 直前までできることは単語を覚えることはできます。単語を覚えることは日々やっておいてほしいことですので、試験直前まで続けてください。

IELTS 対策本、IELTS 勉強法
IELTSの学習には、(英語名)IELTS Academic Student's Book with Answers with Audio: Authentic Practice Tests (IELTS Practice Tests)が一番です。 数字が大きいものほど最近出版されたものになります。 現在、こちらのIELTS問題集は、アイエルツ 1から15までが出版されています。 数字が少ない方が古いのですが、古い本を購入しても問題形式はあまり昔から変わっていませんが、1-3は出題形式が違うので購入しないようにしましょう。 新しい問題集から順番に取り組んでいき、5まではIELTSの対策本として使えます。

IELTS 高校生 勉強法
高校生に必須なレベルである、IELTS 6.0 。最近では、海外の大学に入学するのに必要とされるだけでなく、日本の大学に入学するためにも、そして交換留学生として英語力を証明するためにも必要となってきているIELTS のアカデミック。また、IELTSのスコアを提出すれば英語の試験免除、加点となる大学もあります。当校でもIELTS受験のために高校生の生徒様も増えてきています。大学の目標スコアであれば、アイエルツアカデミック5.5から6.0を目指す方が多いかと思います。そのためのIELTS学習どのように進めてよいか悩むところ。IELTS 6.0に最適な勉強法を教えます。

IELTS初心者のための勉強法
IELTSとは(英語名)The International English Language Testing Systemの略称で、リスニング、リーディング、スピーキング、ライティングという4つの技能について、英語力を測る試験です。 IELTSには、目的に応じて「IELTS アカデミック」と「IELTS ジェネラル」の2つのモジュールが用意されています。 海外の大学への留学や、日本の大学でも、海外からの進学の場合、IELTS アカデミックのスコアの提出が求められます。 英語圏に移民や移住をするには、IELTSジェネラルのスコアが必要となります。 日本では、日本英語検定協会とIDP EDUCATIONの2つの母体がIELTSの試験実施を主催しています。 コンピュータ試験も導入され、東京と大阪でIELTSテストをコンピューターで受験することができるようになりました。 IELTSでは、英語の4技能すべてをテストするため、試験は半日から1日かかります。