カテゴリ:英文法



thatの様々な用法と見分け方
thatには関係代名詞、接続詞、同格などさまざまな用法があります。 文中のthatがどのように使われているか理解していないと、文の意味を取り違えたり、使い方があいまいだと、ライティングで間違った使い方をしてしまいます。特に、接続詞のthatと関係代名詞のthat、同格のthatは、それぞれの特徴を整理しておきましょう。

間違えやすい副詞
正しい英語で伝えるために、副詞の使い分けは非常に重要です。特に混乱しがちな「前に」を表す副詞ーago, before, backと、「はやく」を表す副詞ーearly, soon, fast, quickly, rapidlyの違いをまとめました。

仮定法現在
長文を読んでいる時や、英語のリスニングをしている時、that節の中の動詞に急に原形が表れた!ということはありませんか?実は、ある特定の動詞や構文のthat節には、that節中の動詞が原形になるものがあり、「仮定法現在」と呼ばれます。仮定法現在の理解には、「仮定法」と対になる「直説法」の理解も不可欠です。仮定法現在の理解は、いわゆる「仮定法」である仮定法過去、仮定法過去完了の理解にもつながります。確認しておきましょう。

IELTS オンライン 対策 MAE
完了不定詞とはto不定詞の後の動詞が過去に起こったことを伝える表現で、< to + have + p.p (過去分詞形) >の形を取ります。完了不定詞は口語ではあまり使われなくなりましたが、文語ではよく使われます。 to不定詞では、to の後に動詞の原形が続きますが、述語動詞の時制よりも前のことを表すために、to の後に現在完了の <have+動詞の過去分詞> を用いて表します。完了不定詞には2つのパターンがあります。通常の不定詞との違いも押さえておきましょう。

IELTS オンライン 対策 MAE
使役動詞、知覚動詞を用いた文も、受動態にすることが可能です。動詞や、目的語に対する動詞の形によって受動態への書き換え方法が違うため確認しておきましょう。また、イギリス英語でよく見られる-ing形が受け身を意味する場合もご紹介します。

文法のルール、dos & don'ts
英語では、可算名詞・不加算名詞があり、不可算名詞のうち、抽象的な概念を表す名詞を抽象名詞と呼びますが、抽象名詞は使い方によって数えられる場合があります。数える時の抽象名詞や例外となる単語と、こういった名詞のルールにのっとらない慣習的な表現をご紹介します。

IELTS オンライン 対策 MAE
前置詞は名詞の前に置かれ、場所や時など、様々なイメージを表す言葉です。前置詞から始まる文を見かけることは少ないですが、文頭にくることで意味が変わったり、倒置が起こっていたり、フォーマルな文書特有の表現を用いている場合があります。ルールを知って、英文をスムーズに理解できるようにしましょう。