間違えやすい IELTS 頻出単語
英単語のつづりが1語なのか2語になるのか迷う単語があります。 せっかく使おうと思っても、いざとなると.... 一語のつづりだったか迷うことも。2語にしてしまったために間違ってしまった場合は悔しい思いをします。 この際しっかりと覚えておきましょう。

IELTS 高校生 勉強法
高校生に必須なレベルである、IELTS 6.0 。最近では、海外の大学に入学するのに必要とされるだけでなく、日本の大学に入学するためにも、そして交換留学生として英語力を証明するためにも必要となってきているIELTS のアカデミック。また、IELTSのスコアを提出すれば英語の試験免除、加点となる大学もあります。当校でもIELTS受験のために高校生の生徒様も増えてきています。大学の目標スコアであれば、アイエルツアカデミック5.5から6.0を目指す方が多いかと思います。そのためのIELTS学習どのように進めてよいか悩むところ。IELTS 6.0に最適な勉強法を教えます。

間違えやすい副詞
正しい英語で伝えるために、副詞の使い分けは非常に重要です。特に混乱しがちな「前に」を表す副詞ーago, before, backと、「はやく」を表す副詞ーearly, soon, fast, quickly, rapidlyの違いをまとめました。

仮定法現在
長文を読んでいる時や、英語のリスニングをしている時、that節の中の動詞に急に原形が表れた!ということはありませんか?実は、ある特定の動詞や構文のthat節には、that節中の動詞が原形になるものがあり、「仮定法現在」と呼ばれます。仮定法現在の理解には、「仮定法」と対になる「直説法」の理解も不可欠です。仮定法現在の理解は、いわゆる「仮定法」である仮定法過去、仮定法過去完了の理解にもつながります。確認しておきましょう。

IELTS カナダ 試験 日程
2019年12月31日に感染が公に報告されてから、全世界に感染が拡大している新型コロナウイルス(COVID-19)。世界各国でIELTSの試験が延期・中止される中で、進学目的でIELTSのスコアが必要な方々を対象に、自宅でIELTSの試験を受けられるサービスの提供が開始されました。

IELTS カナダ 試験 日程
全世界で感染が拡大しており、カナダでは入国制限やレストラン・公共機関の営業停止など、大きな影響を与えている新型コロナウイルス。その影響は、IELTSの試験実施状況にも及んでいます。2020年4月20日現在では、5月中旬までの試験はキャンセルされています。トロントでIELTSを実施している機関をまとめておりますので、このページで試験再開日程、試験機関名をチェックしましょう。

IELTS スピーキング やっていけないメカニカルスピーキング
解答を暗記してIELTSのスピーキング試験を受けていませんか?IELTSのスピーキング試験は、試験とはいえ生身の人間である試験官との対話です。試験官の質問に対して、暗記した解答で、考えることなくすぐに気の利いた答えが返ってくると、メカニカル(自動的、機械的)なスピーキングと判断され、高得点が出にくくなります。特に、Overallで高得点を目指している方は、日本人の苦手とされているSpeakingでも高得点を取ることが必要不可欠。メカニカルなスピーキングと捉えられるポイントは大きく分けて4つあります。「1. 難しい質問でもすぐに答える」「2. 話すスピードが速い」「3. 話すスピードに変化がない」「4. イントネーションに乏しい」それぞれのポイントについて解説し、対策やコツをご説明します。

IELTS タスク1のマップ
IELTS アカデミック ライティングのタスク1におけるテーマは主に3つに分類できますが、例外としてマップ上のロケーションを説明する問題が出題されることがごく稀にあります。 出題頻度は低いですが、対策を知らないと書き出しづらい問題です。 一部では有名な、Galsdon townのマップを説明する問題を見ながら、マップ問題のライティングに便利な表現や、絶対に書かなくてはいけないkeyという情報について学びましょう。この記事には、解答例(モデルアンサー)も掲載しているため、参考にしてみてください。

IELTS タスク1の攻略、時制について
IELTS アカデミックのライティング・タスク1は3つのタイプに分かれます。図表の解析・都市の移り変わり・プロセスマップです。 どのテーマでもタスク1で共通して気を付けなければいけないのが「時制」です。タスク1で主に使われる時制は過去形・未来系(未来予想)・現在形・現在完了形の4つです。過去完了形や、未来完了形といった複雑な時制を使うことはめったにありません。 この記事では、ライティングのタスク1における「時制」について、実際の問題を例に挙げながら説明します。問題の図表やグラフのどこに注目すればいいか?問題文のどこに着目すればいいか?この記事を読んでマスターしましょう。 時制を始めとした、IELTS ライティングの「書き方のテンプレート」を覚えることは、得点アップの近道になりますよ。

IELTS ライティングの最近の傾向
IELTS ライティングテストにおける2019年12月現在のトレンドをご説明します。まず、日本では2019年4月頃からIELTSの受験科目の順序に変化がありました。従来は、リスニング→リーディング→ライティング→スピーキングの順序でしたが、ライティングを一番初めに行うようになりました。集中力が途切れる心配や試験疲れが少ない状態でライティングに臨めるのは少し有利かもしれません。他に、IELTS ライティングのアカデミック・ジェネラルそれぞれのTASK1, Task2の出題傾向についても例題とともにご紹介しています。どんな問題が出題されても解けるのが一番ですが、傾向を抑えることでより効率的な得点につながります。最新のトレンドを抑え、IELTS ライティングのスコアアップを目指しましょう。

さらに表示する