Want -ing とNeed -ing/require - ing この動詞はTo不定詞だけではなく動名詞も取ります。 が、動名詞をとると受け身の意味を持ちます。 The wall needs painting. ( ペイントされる必要がある) =The wall needs to be painted. The car wants fixing ( このwant はneed (させる必要)を表します) =The car requires fixing The entire program requires changing = the entire program requires to be changed. また、 You want me doing (...
抽象名詞が数えられる時と数えられない時 抽象名詞とは、原則的に一つ、二つと数えられない抽象的な概念を表す名詞。 例えば、love, beauty, happiness, anger, hate, peace, など感情やアイデアなどを表す名詞。 一つ二つと数えることはできません。しかし、すべての抽象名詞は数えることが出来る使い方があります。 “She is a real beauty”...
毎日“口語日記”をつぶやく(英語で話すことになれるためにも英語で考える時間を設ける) これはメンタルトレーニングの1つになると思いますが、とにかく日本にいると英語を話す機会がまったくない、もしくは非常に少ないためスピーキングを上達されることができない!と思います。 そんな時にこの練習を取り入れることをおススメします。...
ボイスレコーダーを活用する必要性についてお話します。 自分で学習する時にはぜひ取り入れてほしいです。なかなか自分で自分の声や、スピードなどを認識することが少ないと思います。しかしボイスレコーダーを使用することで、自分のアクセントや発音、聞きやすいスピードなどを調整することができます。...

トピック別単語を習得することの大切さをお話しします。 IELTSのライティングでも求められるトピック別単語の習得ですが、スピーキングでも高得点を目指す方(7以上)にはパート2とパート3で必須となります。スピーキングのトピックは Music Environment Communication Art Education Shopping Sports Space Transportation などのテーマが頻繁にでます。 パート2サンプル Music Describe a...
前置詞から始まる文を見かけたことがありますか。 特に Among から始まっている文はどうですか。 Among は確かに前置詞ですので、文頭で使われるとおかしいのですが、 Among は One of, Some of を意味することができます。この場合に文頭に置かれることが多々あります。 例えば “Among the first to arrive was the ambassador. ”とは “One of the first to arrive was the ambassador.”...
攻略法8. パート1で使う単語とパート2と3で使う表現、単語を分ける これは、パート別攻略法にも関係してくるのですが、パート1では自分ことについて聞かれることが多いので口語的な表現を使用して構わないところです。そのことで流暢さを前面に出します。特に phrasal...
Rush hour について不思議に思ったことありませんか? そう言えば、ラッシュアワーって何時間にも及ぶからrush hours とは言えないのだろうか?と。 答えは? ― 言えません。 これは昔からの言い回しで、昔は皆9時5時の仕事しかしていなかったのでラッシュアワーはたぶん8時から9時までの1時間と決まっていました。その名残で during (the) rush hour, at rush...

Topic-specific words ーテーマ別の単語や連語を覚えることはハイスコアにつながります。7以上のスコアを取るには必須となります。 なぜ? なぜなら、トピック別用語を使うことで曖昧な表現をなくしていくことが出来るからです。 曖昧な表現の代表として”good “があります。なぜ” good” がいけないかと言うと、 “Recycling is good....

さらに表示する