IELTS ライティングの最近の傾向
IELTS ライティングテストにおける2019年12月現在のトレンドをご説明します。まず、日本では2019年4月頃からIELTSの受験科目の順序に変化がありました。従来は、リスニング→リーディング→ライティング→スピーキングの順序でしたが、ライティングを一番初めに行うようになりました。集中力が途切れる心配や試験疲れが少ない状態でライティングに臨めるのは少し有利かもしれません。他に、IELTS ライティングのアカデミック・ジェネラルそれぞれのTASK1, Task2の出題傾向についても例題とともにご紹介しています。どんな問題が出題されても解けるのが一番ですが、傾向を抑えることでより効率的な得点につながります。最新のトレンドを抑え、IELTS ライティングのスコアアップを目指しましょう。

こちらは、中級編となります。~「瞬間英作文」とは、「日本語を見て(読んで)、即座に英語に訳す」ことです。日本語を見て、5秒以内に英語を声に出します。中級編でも瞬間英作文するトレーニングを進めていきます。初級編よりも少し口語的な日本語表現や、長めの文が増えています。重要なのは「口に出すこと / 声を出すこと」です。短時間でもいいので、毎日繰り返し練習して、英語を口にすることに慣れましょう。

こちらは、初級編となります。~「瞬間英作文」とは、「日本語を見て(読んで)、即座に英語に訳す」ことです。日本語を見て、5秒以内に英語を声に出します。初級編では、基本的な文法が使われ、比較的短い日本語を瞬間英作文するトレーニングを進めていきます。重要なのは「口に出すこと / 声を出すこと」です。短時間でもいいので、毎日繰り返し練習して、英語を口にすることに慣れましょう。

こちらは、基礎編となります。~「瞬間英作文」とは、「日本語を見て(読んで)、即座に英語に訳す」ことです。日本語を見て、5秒以内に英語を声に出します。基礎編では、文法項目ごとに3問ずつトレーニングを行います。文法事項の確認も同時に行いましょう。重要なのは「口に出すこと / 声を出すこと」です。短時間でもいいので、毎日繰り返し練習して、英語を口にすることに慣れましょう。

IELTS オンライン 対策 MAE
完了不定詞とはto不定詞の後の動詞が過去に起こったことを伝える表現で、< to + have + p.p (過去分詞形) >の形を取ります。完了不定詞は口語ではあまり使われなくなりましたが、文語ではよく使われます。 to不定詞では、to の後に動詞の原形が続きますが、述語動詞の時制よりも前のことを表すために、to の後に現在完了の <have+動詞の過去分詞> を用いて表します。完了不定詞には2つのパターンがあります。通常の不定詞との違いも押さえておきましょう。

IELTS オンライン 対策 MAE
使役動詞、知覚動詞を用いた文も、受動態にすることが可能です。動詞や、目的語に対する動詞の形によって受動態への書き換え方法が違うため確認しておきましょう。また、イギリス英語でよく見られる-ing形が受け身を意味する場合もご紹介します。

IELTS リスニングの問題点と対処法
実際にIELTSのリスニング問題に取り組んでいると、聞き取れない単語が出てくると思います。聞き取れない理由を分析することで、今の自分のリスニング学習の課題が見えてきます。リスニングができない・・・と思ったとき、こう感じたことはありませんか?「単語が分からない」「集中力がない」「言い換えられている部分に気が付かない」「単語を間違った発音で覚えているため、聞き取れない」「部分的に単語しか聞き取れず、文全体の意味が分からない」どれかに当てはまる方は、効果的なリスニングの練習を行えば、必ず英語を聞き取れるようになります。この記事では、英語が聞こえるようになる方法・・・いわゆる英語耳の作り方をご紹介します。

IELTS リスニング 設問別対策 マップ問題
マップ問題は、放送を聞いて、選択肢をマップに当てはめることでマップを完成させる問題です。最近は、質問対応形式が多く出題される傾向にありますが、セクション2の後半部分に頻出するため、対策しておくべき問題形式のひとつです。また、マップ問題にも大きく2つの形式に分類することができます。共通する対策として、マップから素早く情報を見つけ出す力、つまりマップに慣れる必要があります。それぞれのパターンに対応できるよう、例題を参考にしながら練習してみましょう。

IELTS ライティング┃原因と解決策 エッセイタイプ
IELTS ライティングの 5 つエッセイタイプのひとつ”Cause and solution essay”は、問題を引き起こす原因とその考えられる対策や措置について述べるエッセイです。このタイプのエッセイのライティングで大切なのは、「誰が何をするか」をGovernments(国), Businesses(会社・団体), Individuals(個人)の3つの観点から考えることです。私たちが出来る事、政府がした方がいいこと、会社が貢献しなければならないことに分けて考えていきます。トピックによっては、私たちが貢献できないこともありますので、「誰が何をすれば問題が解決しうるか」をよく考えましょう。また、原因もその解決策も必ず 2 つ提示するようにしましょう。”causes”, ”measures” のように複数形になっていることがほとんどです。注意点として、原因をボディー1に書きますが、ボディー2にはその原因への解決策を書く際に、原因と解決策が論理的に繋がるようにすることです。例題とサンプルエッセイを参照し、構成とテンプレートを確認しましょう。

IELTS ライティング Yes or No question
Opinion essayとは、2つの意見のうち、自分がどちら側の肩をもつか決めて書くタイプのエッセイです。賛成なら、賛成の理由を2つ、ボディ―1 とボディー2 に入れていきます。反対ならその理由を同じようにボディー1と2に書きます。IELTSジェネラルのタスク 2 で一番頻繁に出るタイプです。試験官が求めているのは、自分の意見を論理的にバックアップできているかどうか。このタイプのエッセイは straightforward のような気がしますが、どちらつかずの意見もあるあると思います。Yes とも言えるし、Noとも入れる。または、ある程度賛成できるけど、100%ではなくて80%ほどしか賛成できない場合など。この場合には ある程度賛成の理由をボディー1 に持ってきてます。そしてなぜ、ある程度なのかの理由をボディー2 に持ってきます。こういった点で、エッセイの構成は Discussion opinion エッセイと同じになります。例題とサンプルエッセイを参照しながら、Opinionエッセイの構成を学びましょう。

さらに表示する