IELTS 5.5
IELTS スコア 5.5 のレベル (アカデミック)はフィリピンやマレーシアなどアジアや英語圏以外の大学留学で必要とされるレベルです。 カナダなどの英国圏でも、大体は6.0が必要ですが、5.5 で入学できるカレッジもあります。 IELTSのスコア 5.5 は、バンドスコア 5.0 の条件は満たしているが、バンド 6 に満たないスコアとなります。...

IELTS対策 おすすめアプリ
IELTSのスコアアップを握る鍵は、移動中やスキマ時間をどれだけ学習に充てられるかになります。 アプリを使えば、机に向かうのが面倒な時でも、スマホやタブレットでIELTSの対策が可能です。 最近では目的や用途に合わせて様々なアプリがリリースされています。 数あるアプリの中でも、IELTS対策に使える、無料のアプリをまとめました。 アプリを利用する時の注意点...

IELTS 7【7を取るための対策と勉強法】
IELTS 7.0(アカデミックモジュール)は、英語圏の大学院留学で必要となるレベルです。 “A score of IELTS 7.0 or 7.5 is evidence that your English is good enough to join any university course, even at elite Oxbridge and Ivy League institutions“ 大学院によっては、IELTSのスコアが6.5でも出願可能なところもありますが、平均して7.0から7.5を必要とされます。

IELTS スピーキング例題
IELTS特有のスピーキング問題は普通の英会話とは違います。IELTSに特化した例題に対する答えがすぐに出てくるようにアウトプットの練習に励みましょう。答えは暗記するのではなく、練習時には、言い方をその都度変えてみるのも応用力、言い換え表現を養う練習になります。

IELTS 日本人 平均点
留学や移民などの英語能力の証明のため、地位が高まっているIELTS。日本ではもちろん、世界各国で受験されており、IELTSの公式サイトでは性別・国籍別・第一言語別の取得スコアの平均点が参考データとして公開されています。IELTSの平均点は?また、英語が苦手と言われている日本人はどのように対策を取るべきなのか解説します。

IELTS (アイエルツ)のびない
IELTSのスコアが伸びない方と、着実に伸びていく方の学習の特徴を見比べてみると、スコアが伸び悩む理由がはっきりと見えてきます。英語の上達において、大切なポイントは6つあります。復習をしていますか? 語彙力を軽視していませんか?英語基礎能力(文法の理解等)を高める勉強法を取り入れていますか?たくさんの参考書に手を出して、中途半端に取り組んでいませんか?自分のやり方や概念に囚われて、講師のアドバイスを無視したり、効率的な勉強法を考えず、むやみに時間を費やしていませんか?勉強法は合っていますか?スコアアップにはどのような勉強法が効果的かご存じでしょうか。それぞれの要素について、確認していきましょう。

IELTS スコア
IELTSの採点はバンドスコアと呼ばれる1-9までの9段階スコアで0.5刻みで示されます。BANDスコアはリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの各モジュール毎にスコアがつきます。4 つのセクションのスコアを足して4で割った合計(平均点)が オーバーオールバンドスコアとなります。その数字に一番近いバンドのスコアに切り上げもしくは切り下げされます。例えば 5.75 は総合スコア 6.0 になりますが、5.675 の場合は 5.5 が総合スコアとなります。

IELTS 精読 リーディング
【IELTSリーディングの精読・ライティングにも役立つ英語構文 ・句動詞・熟語】IELTSの長文を読解する上で必要になってくるスキルの1つが構文を見つけることです。読解力をつける上で知っておくと便利な構文!リーディングを復習する時は精読してパッセージのを完全に理解することを心がけましょう。また、IELTSのライティングでも、効果的に英語の構文・熟語をエッセイの中に使用していくことが高得点につながります。今回は、IELTSのリーディングで使用されている英語構文や、IELTSのライティングに使用できる表現を紹介します。

IELTS 語数
IELTSのライティングは時間との闘いなので、課題によっては語数が足りない場合も出てきてしまう可能性はあります。しかし、文字数が足りない場合でも、極端に低いスコアが出るという心配は不要です。高得点を目指す場合は致命的なミスになりえますが、文字数が20語ほど足りなくてもIELTSのライティングで6.0を取ることができたケースがありました。ただし、全体の語数が不足していても、必ず書かなくてはいけないことはエッセイの結論です。語数が絶対的に足りていなかったので、ライティングのスコアは4.0から5.0を期待していたという、実際にテストを受けた生徒様の声を紹介します。

thatの様々な用法と見分け方
thatには関係代名詞、接続詞、同格などさまざまな用法があります。 文中のthatがどのように使われているか理解していないと、文の意味を取り違えたり、使い方があいまいだと、ライティングで間違った使い方をしてしまいます。特に、接続詞のthatと関係代名詞のthat、同格のthatは、それぞれの特徴を整理しておきましょう。

さらに表示する