こちらは、初級編②となります。~「瞬間英作文」とは、「日本語を見て(読んで)、即座に英語に訳す」ことです。日本語を見て、5秒以内に英語を声に出します。基礎編では、基本的な文法を使って、比較的短い日本語を瞬間英作文するトレーニングを進めていきます。重要なのは「口に出すこと / 声を出すこと」です。短時間でもいいので、毎日繰り返し練習して、英語を口にすることに慣れましょう。

こちらは、初級編①となります。~「瞬間英作文」とは、「日本語を見て(読んで)、即座に英語に訳す」ことです。日本語を見て、5秒以内に英語を声に出します。初級編では、基本的な文法が使われ、比較的短い日本語を瞬間英作文するトレーニングを進めていきます。重要なのは「口に出すこと / 声を出すこと」です。短時間でもいいので、毎日繰り返し練習して、英語を口にすることに慣れましょう。

こちらは、基礎編②となります。~「瞬間英作文」とは、「日本語を見て(読んで)、即座に英語に訳す」ことです。日本語を見て、5秒以内に英語を声に出します。基礎編では、文法項目ごとに3問ずつトレーニングを行います。文法事項の確認も同時に行いましょう。重要なのは「口に出すこと / 声を出すこと」です。短時間でもいいので、毎日繰り返し練習して、英語を口にすることに慣れましょう。

こちらは、基礎編①となります。~「瞬間英作文」とは、「日本語を見て(読んで)、即座に英語に訳す」ことです。日本語を見て、5秒以内に英語を声に出します。基礎編では、文法項目ごとに3問ずつトレーニングを行います。文法事項の確認も同時に行いましょう。重要なのは「口に出すこと / 声を出すこと」です。短時間でもいいので、毎日繰り返し練習して、英語を口にすることに慣れましょう。

完了不定詞とはto不定詞の後の動詞が過去に起こったことを伝える表現で、< to + have + p.p (過去分詞形) >の形を取ります。完了不定詞は口語ではあまり使われなくなりましたが、文語ではよく使われます。 to不定詞では、to の後に動詞の原形が続きますが、述語動詞の時制よりも前のことを表すために、to の後に現在完了の <have+動詞の過去分詞> を用いて表します。完了不定詞には2つのパターンがあります。通常の不定詞との違いも押さえておきましょう。

使役動詞、知覚動詞も受け身になることがあるのを知っていますか?「-させられる」と訳しますね。使役動詞は主に以下の3種類です。 ① Make ② Let ③ Have (have を使った受動態はない) 大きな意味の違いは① 強制 ② 許可 ③ 当然 となります。 使役動詞の受け身は必ずto 不定詞を持ってきます。 知覚動詞も同様です。知覚動詞:see, hear, notice, look, watch, feel など 注意:知覚動詞は動作の一部始終を見たり、聞いたりする場合は動詞の原形を。一時的に見たり聞いたりした場合は-ing形にします。受動態の時は使役動詞MAKEのようにTO不定詞を持ってくることができますが、-ING 形の場合は、TO不定詞を入れず、そのまま-ING 形を使います。 混乱しやすい使役動詞・知覚動詞。受動態の用法も併せて覚えておきましょう。

IELTS リスニングの問題点と対処法
英語が聞き取れないのはなぜ!?その問題と症状別対処法についてお話しします。① 単語が分からない? ② 集中力がない ③ 言い換えられている部分に気が付かない ④ 単語を間違った発音で覚えている   例えば repertoire , 日本語で言うレパートリーですが、英語ではレパトワと発音します。 ⑤ 単語しか聞き取れないので文の意味が分からない  ☆対処法☆ ①語彙力がない人は語彙を増やす努力が必要ですが、まずは動詞から覚えましょう ただ覚えるのではなくて、適切な発音と一緒に覚えることが大事です。また派生語も一緒に覚えることが有効です。例えば、achieve (動詞)、achievable (形容詞)、achievement (名詞)のように、そしてそれらの発音も一揆に覚えてしまいます。 ②集中力がない人はディクテーションが効果的です。英語のオーディオを聞いてそれを書きとることです。一つ一つの単語に集中して聞かないといけないので最初は非常に疲れますが、慣れてくるとパターンを覚えていくのでここには in が入るなどが即座に分かってきま

IELTS リスニング 設問別対策 マップ問題
マップ問題はセクション2の後半部分に頻出する問題です。最近の傾向では質問応対の形式の場合もありますが、必ずカバーしておくべき問題の一つです。 傾向として、 1.いつも位置が一定して始まる場合、例えばレセプションを拠点にして何がどこにあるかと言う場合 2.ひとつ前の問題の場所を拠点して、もしくは、あるストリートの名前を拠点にして次の場所を示す場合 の2つがあります。 2つに共通して言えることは、話者が話しているストリートの名前などを素早く見つけることです。スピーキングが始まる20-30秒の間に必ずどのストリートがどこにあるのか、をある程度把握しておくと素早く話者が言及している場所を探すことができます。 例題1:

IELTSスピーキング 話の発展
IELTS スピーキングの構成と注意点  ~話の自然な展開~ IELTSスピーキングでは: 多きなこと(大まかな事)から小さい事柄(詳細)について順序よく話していくことが、分かりやすい自然な話の発展に導きます。(これは普通の会話全般に言えることです)「ジョウゴ」を思い出してください。徐々に大まかな事から詳細なことに話を変化させていきます。 聞かれたことに対していきなり詳細な事から始める方がいらっしゃいますが、唐突すぎて全体像が見えなくなってしまいます。 例えば、好きな本について聞かれたら、まず、自分の好きな本のジャンルを言い、➾ 作家の名前、➾ そして代表作などの順に話ます。

IELTS ライティング┃原因と解決策 エッセイタイプ
IELTS ライティングの 5 つエッセイタイプの一つ「Cause and solution essay」は、 その名の通り、原因と理由を問われるタイプ。問題を引き起こす原因とその考えられる対策や措置について述べます。 その上で大切なのは、「誰が何をするか」です。3つの観点から考えます。Governments(国), Businesses(会社・団体), Individuals(個人)。 私たちが出来る事、政府がした方がいいこと、会社が貢献しなければならないことに分けて考えていきます。トピックによっては、私たちが貢献できないこともありますので、 「誰が何をすれば問題が解決しうるか」をよく考えましょう。 また、原因もその解決策も必ず 2 つ提示するようにしましょう。”causes”, ”measures” のように複数形になっていることがほとんどです。 注意点:原因をボディー1に書きますが、ボディー2にはその原因への解決策を書く。 原因(例:環境問題ー車の増加)と解決策(例:もっと木を植える)が見合わない場合があります。車が増加して起こった環境問題に

さらに表示する