IELTS リスニング 対策7┃リスニング力の底上げ対策

IELTS リスニング 力を身に付ける!

あなたも今日から Active Listener

IELTS リスニング 対策 7アクティブリスニングに効果的な学習法~

 

IELTS であれTOEFLであれ、リスニングで高得点を取るためには、①アクティブリスニングができているか、②ショートメモリーの改善練習を取り入れているか(リテンションと言う訓練)③ある程度の語彙力があって正確に単語が聞き取れているか、

この3つがしっかりとできるようになることが、英語耳を作るということにつながります。

 

 アクティブリスニングとは!?

 

注意深く聞く能力のことです。聞いていることが右から左へ流れていかないようにするためのとても重要なリスニング能力の一つです。当校ではアクティブリスニングの能力を改善するためにディクテーションと言う演習を取り入れます。ディクテーションとは英語で聞いたことをそのまま書き写すことです。 a や the 、複数形か単数形かなどにも注意をしなければなりません。また単語を知らなければ、文脈から単語を想像して当てはめる、もしくはその単語を抜かして大体の意味を取る能力にもつながります。

書くことで文の構造、コロケーション、語彙の強化にも役立ちます。

リスニングが弱い方は、まずは英語で聞いたことを書くことが総合的なリスニング能力を高ることにつながります。

 

TED TALK/ EDUCATION と言うサイトを知っていますか。自分の興味のあるトピックを選んで聞くことができます。スピードを変えたり、キャプションを表示することもできます。リスニング強化に便利なサイトですのでぜひ活用ください。

 

 ショートメモリーの改善方法 ~リテンション演習を取り入れる~

 

リテンションとは、一文を聞いてその後にその文を反復すること。シャドーイングとは違いますよ。聞いたことを脳に一時的に記憶する能力の開発に役立ちます。自分でしっかりと聞いていると思っていても、いざやってみると全くできない方が非常に多い!!

そのため、「なんとなーく」しか理解できていなかったり、大事な部分や詳細な部分を落としてしまったりするのです。

よく「シャドーイング」がいいといますが、シャドーイングは何の役にも立ちません。なぜかというと、何も考えずにすぐ後についていくだけでは意味を理解することもなく、特に慣れてくると、自動的かつ機械的にやっているだけで、何の役にも立たなくなるからです。

その点、リテンションは違いますよ。理解していないと文を組み立てることに非常に苦労します。

また、一文を聞いた後にその分を反復するのでしっかりと記憶しておくことが求められます。

もし、すべてを正確に聞き取れていない場合は、大体の意味を理解して文を RECONSTRUCT (組み立てる)必要がでできます。

意味が取れるようになれば、今度は正確に聞き取ることに着目します。そして、それが出来るようになれば、今度は一文を二文にしていき、英語のキャパを広げていきます。

 

レベル別対策

 

①まずは意味を取りながら文を reconstruct

②一語一語を正確に反復

③一文を二文に、長い文章にしていく

 

   

┃ 長い文章を一回で正確に言えることが最大の目的です ┃

 

 

考えてください。母国語、日本語の一文を覚えることはなんてことないですよね。でも英語だと問題がある。なぜですか?

脳が英語を受け入れるキャパが狭いからです。これは練習によって母国語並みに改善することができます。

逐次通訳ではこの能力が肝心です。ある一定の情報を頭にとどめておき、それをなるべく正確に日本語で RECONSTRUCT する能力のことです。リテンションは独学でもできます。甘えは禁物ですが、英語が頭に入ってくるキャパを広げるためにも、テストで高得点を取るためにも有効な演習ですのでぜひ取り入れましょう。

 

③ ある程度の語彙力が必要

 

というのは、何を発しているの分からないのはその単語と発音を知らなかったから、とうことは多々あることです。まず知らない単語があれば、それを抜かして理解していかなければならないですよね。しかし肝心な動詞をしらなければ訳しようがありません。

形容詞や副詞が抜けてもさほど文の構造に影響を及ぼさないのでこちらの語彙は後で覚えていけばいいのですが、

動詞と名詞は必ず先に覚えるようにしましょう。そして覚える時は一揆に覚えようとはせず、必ず、思い起こすことを繰り返すことで脳に定着させることが大事。単語の覚え方のTIPはこちらから。そしてせっかく覚えても発音が間違っている、もしくは知らないのではもったいないですよね。しっかりと発音と一緒に覚えることが大事です。

 

 

   

まとめ:

この3つの能力の改善を行うことで、英語のリスニング力は格段と上がっていきます。もちろん、リスニング力は一夜で上がるものではないので、日々の努力が最も大事になります。英語を聞く(アクティブに聞く)時間を増やしましょう。

 ⚠︎ ただ、英語を流しているだけでは役に立たないので、集中して聞くことが大事です。