IELTS リスニング コツ6~マップ対策~

IELTS リスニング 設問別対策 マップ問題

 

ップ問題はセクション2の後半部分に頻出する問題です。最近の傾向では質問応対の形式の場合もありますが、必ずカバーしておくべき問題の一つです。

 

傾向として、

1.いつも位置が一定して始まる場合、例えばレセプションを拠点にして何がどこにあるかと言う場合

2.ひとつ前の問題の場所を拠点して、もしくは、あるストリートの名前を拠点にして次の場所を示す場合

の2つがあります。

 

2つに共通して言えることは、話者が話しているストリートの名前などを素早く見つけることです。スピーキングが始まる20-30秒の間に必ずどのストリートがどこにあるのか、をある程度把握しておくと素早く話者が言及している場所を探すことができます。

 

例題1:

 

 

14 New traffic lights

 

Script: Now, we already have a set of traffic lights in the high street at the junction with Station Road,(これはAを指しています)but we are planning to have another set at the other end, at the School Road junction. 

 

ですから、これは E となりますね。

 

15    Pedestrian crossing

 

Script: We’ve decided we definitely need a pedestrian crossing. We considered putting this on School Road, just outside the school, but in the end, we decided that could lead to a lot of traffic congestion(これはひっかけです。このように最終的にどこに決めたのかと行くことがキーワードになることが多々あります) so we decided to locate it on the High Street. crossing the road in front of the supermarket. 

 

 

例題2:いつも同じ場所と起点とする場合

 

 

 

17 restaurant

 

Script: To reach it when you get to the bottom of the stairs go straight ahead to the far side of the sitting area. then turn right into the corridor. You’II see the door of the restaurant facing you. 

 

Fが答えですね。

 

18    café

 

Script: When you reach the bottom of the stairs, you will need to go straight ahead. turn right into the corridor. and the cafe is immediately on the right.

 

19   baby-changing facilities 

 

Script: there are baby-changing facilities downstairs: cross the sitting area. continue straight ahead along the corridor on the left and you and your baby will find the facilities on the left-hand side.

 

 

IELTS の Map を理解するのに必要なフレーズ

Go straight まっすぐ進む
Turn right  右に曲がる
Turn left  左に曲がる
Across 反対側、対向い
First (seconde) bend 最初(2つ目の)曲がり角
Left hand side 左手側
Right hand side 右手側
Go past  ~を過ぎる
Far side  ~の奥手
Next to (beside/adjacent to) ~の隣
North (South/West/East) side of  ~の北側(南側、西側、東側)の
Immediately facing (in front of)  すぐ目の前の
walk(go) along  ~に沿って歩く(行く)

 

🚫 英語圏では右、左、上、下は使わず、North (上)、South (下)、west (左)、  east (右)で表します。

 

まとめ:

IELTSのマップ問題では、話者がどこの位置から話しているのかを素早く把握することが出来れば、決して難しい問題ではありません。

いつも使われるフレーズや、北西南北に慣れてしまいましょう。