IELTS リスニング対策 5~ 設問別対策┃質問応答 

IELTS リスニング対策~正解を2つ選ぶ
IELTSセクション2後半では2択に注意

このIELTSのリスニングの質問はセクション2の後半あたりに出やすく、5つの選択肢から2つを選ぶパターン。

三択問題と同様、質問を読んで選択肢の違いを認識することが大事ですので、先読み、もしくは聞きながら読むことが求められます。「この意味はこうだからこれ!」というように想像力を働かせて解答を選ぶ必要はありません。

必ず述べられているものを選びます。情報が述べられていないものははもちろん✖

 

5つの設問から2つの正解を選ぶので、ある意味では広範囲に渡って注意して聞く必要がありますが、設問はとても近くに固まっていますので3文から5文の間に求められる情報があると思ってください。

選択肢の中には間違っているものもあれば、はっきりと言及されていないものも多くあります。

選択肢も順番通りになっていることが多いので最後まで先読みできなくても大丈夫、(先読みにこしたことはないですが.................)。

聞きながら答えていきましょう。

 

問題例】

問17と18 

 

質問ー最後の Digital Inclusion Day で参加者について言及されていることを2つ選ぶ

リスニング部分ーThe participants on the Digital Inclusion Day really benefited. The majority were in their seventies, though some were younger and a few were even in their nineties! Quite a few owned both a computer and a mobile phone but these tended to be outdated models. 

They generally knew how to do simple things, like send texts, but weren't aware of recent developments in mobile phone technology. A few were keen to learn but most were quite dismissive at first - the couldn't see the point of updating their skills. But that soon changed.

 

 

 

A: some were younger といってるので、全ての人が70歳以上ではないですよね →間違った情報

※また、英語ではいわゆる「未満」という言葉がないので、less than 10 とすると10は入らず、9876.... 1を表します。

 

B: They never used their computer かどうかは分かりませんね。「かなりたくさんの人が所有している」とは言っていますが、「決して使ったことがない」かどうかは不明です →情報なし

 

C: Their phones are mostly old-fashioned イコール "these tended to be outdated models"ですので、これが正解。代名詞が何を指しているかを聞き取ることが大事、mostly イコール tended to、old-fashioned イコール outdated ですので言い換えに注意。

 

D: They only used their phones for making calls. かどうかは不明です。they generally knew how to do simple things, like send texts と言っていても、「知ってる」と「使う」のは別のこと。知ってても使わない人もいますから、これは情報が間違っているというよりは言及されていません →情報なし

 

E: They initially showed little interest. little は a little (少し―不加算名詞に付く)と違って、「ほとんど~ない」という意味を表します。「彼らは最初はほとんど興味を持っていない」ということです。little に惑わされないようにしましょう。dismissive (否定的な、真剣にとらない)イコール little interestになります。at firstイコール initially と言い換えられていますので、これが正解ですが、dismissive と言う単語が分からなくても、消去法で選択できますね。

 

 

問19と20

 

質問ー最後の Digital Inclusion Day で参加者が便利だと思った2つのアクティビティーを選ぶ

リスニング部分ーThe feedback was very positive. The really encouraging thing was that participants all 

said they felt much more confident about using social media to keep in touch with their grandchildren, who prefer this form of communication to phoning or sending emails. A lot of them also said playing online games would help them make new friends and keep their brains active. 

 

 

 

A: learning to use tablets と言っていますが、タブレットの事については会話の中では一切言及されていない→情報なし

 

B: communicating with family はどうですか?keep in touch with their grandchildren と言っています。grandchildren は包括的に言うとfamily と言えます。そしてSNSを使って彼らと連絡を取り合うことにとても自信が持てるようになったと言っていますので便利なアクティビティーと判断できます→正解

 

C: shopping online この情報はどうですか。まったく触れていませんね。→情報なし

 

D: 「playing online games をすることで友達を作る助けとなった」とたくさんの人が述べていますので、とても便利なアクティビティーと言えます→正解

 

E: sending emails と言及されているところは、who prefer this form of communication (イコールSNS) to phoning or sending emails. の部分ですが、「このアクティビティーが便利だ」と思っているのかどうかは分かりません。ポジティブな意見なのか、ネガティブな意見なのかも不明なので答えようがないですね。emails のことには触れていないと考えます→情報なし

 

 

このように情報が提供されていないことが多々ありますのでここでも消去法が役に立ちます。

まとめ:

IELTSリーディングの質問応答2択問題は、5つの選択肢の中から2つの正解を選ぶ問題。3-5文にわたる情報を聞き逃さないこと。設問が上から順番通りに言及されている可能性大。不正解の選択肢では情報が言及されていないことが多いので確実に聞こえた事を選び、言われていない事柄は消去します。