IELTS リスニング 2~設問タイプ別対策~

IELTS リスニングでは選択肢から選ぶ空欄穴埋め問題があります。あまリ頻繁に出題される問題でありませんが、最近になってよく出題される問題です。物事の手順やステージについて問われます。

 

例】

IELTS リーディング 13 選択問題

 

選択肢から選ぶ空欄穴埋め問題 対策法

 

まずは、問題に目を通す時間約30秒を絶対に無駄にしないこと。問題文の選択肢に目を通して予測を立てることがとても大事です。例えば入る品詞などを予想しましょう。

これはリスニングのどのセクションでも言えることです。

選択問題は、1問や2問わからなくても、最後に残ったもの(you MAY use any letter more than once と言われている時は別ですが)の中から、常識的に当てはまるものを選べば正解の確立が高いので、数問追いつけなくても焦らず解いていきましょう。

 

問題26select seeds of different             and sizes.

 

リスニング部分ー” it must be the same size and how many sorts do we need? About 4 different ones?” 

ここでは、“sorts ” 「種類」という意味です。それと類義語である、Gの “types “ が正解です。

 

!注!Then, next step is that, also, などが使われて次のステップに移ったことを意図するヒントがあるので、もし問題に答えられなくてもこの用語が来たら次の問題に移るようにしましょう。

 

 

問題27Measure and record that              and size of each one.

 

リスニング部分ー“ Then, for each seed, we need to find out how much it weighs, and also measure its dimension, and we need to keep a careful record of all that.” と言っています。

 

ここから、dimension は寸法なので size に値します。では、もう一つの部分は何でしょうか?

Cの Weight になります。リスニングでは weigh は動詞で使われていますが、ここでの解答は名詞が入るので気を付けてください。

品詞は動詞から名詞に変わっています。

 

問題28Decide on               to be used.

 

リスニング部分ー”we also need to decide how deep we are going to plant the seeds. “ ということから、

当てはまるものは の depths になりますが、これも品詞が変わって形容詞から名詞になっています。

 

問題29:   Use different              for each seed “

 

リスニング部分ー”So, then we get planting. Do you think we can plant several seeds together in the same plant pot.” “ No, I think we need a different one for each seed.”

ここから言えることは、問題文の different がそのまま使われていますが、ここの代名詞 ONE は何を指していますか。

代名詞は先に出た名詞を指します。ここでは単数形なので前の文の単数の名詞に限ります。

 

答えは“Plant Pot ”だと分かりましたか。

このように代名詞が前の文の何に置き換えられているかを見極めて、それと同義語もしくは類義語を選択肢から探していきます。ここでは pot イコール container なので解答はA。

 問題30After about 3 weeks, record the plant’s                             .

 

リスニング部分ー“I reckon that would be about 3 weeks, depending on what the weather is like.” と言っているので問題文の after about 3 weeks に値するところ。必然的に次の文が大事になってきます。

Then, we see our plants would come up and write down how tall they have grown.”

と言ってます。 Write down が record に言い換えられています。そして "tall "「高さ」を記録するということ。形容詞の tall が名詞の height 「高さ」になるので解答はEとなります。

 

 

対策のまとめ:

このように2人の話者が順序を追って手順を説明する会話の中では、then, next, also などに注意し、ステップを把握することが重要です。言い換えられている場所を適切に聞き出し、その単語を「文章に当てはまる品詞に言い換えられた選択肢」を探す、または、「代名詞が指しているもの」を探す必要があります。