IELTS リスニング 1 選択問題

 

IELTS リスニングー選択問題(三択)

 

クション2の前半部分とセクション3の前半部分は選択問題が出やすい所です。選択問題は必ず先読みが必要です。

問題文の質問に答えるタイプと、問題文に続く文を選択して文を完成させるタイプの2つの問題形式があります。

 

例題

 

 

対策:

まずは、タイトルをチェックして概要をつかみ、問題文と選択肢のキーワード(違い)を探します。読む時間は約30秒ほどありますが、それでは足りないので、前の問題の解答が終わったら速攻、問題文と選択肢を読み始めましょう。ガイダンスが流れ始めても、気にせず読み続けてください。また、選択肢の単語がそのまま読み上げられていることはなく、言い換えられている事がほとんどです。

内容を取っていくことが大事!!

 

11 の問題文のキーワードは 「What are changes 」です。

選択肢 A,B,C の違いは、

A. The number of traffic accidents

B. The amount of traffic

C. The types of vehicles 

 

このようにキーワードを取り出して違いを把握します。

ここでは、「increase of heavy traffic」 と言い換えられています。選択肢 Bが正解!

 

12 の問題文のキーワードは 「local residents complained」

 

A) Dangerous driving

B) Pollution

C) Inconvenience

 

ここでは、"people are very concerned about lack of visibility of some roads due to the cars parked the side of the roads. "

と言っていますので、Cが正解。

 

他にも、スピーカーは "We’ve expected complaints about the congestion near the school when parents are dropping off their children or picking them up, but this wasn’t top of the list." と言っています。続いて、”,nor were noise and fumes from truck and lorries." ということは Bのノイズやポリューションも違います。Dangerous Driving はここでは一言も言っていません。

 

!注! A.B.C の違いが分からないと聞こえたことを選んでしまう人がいます。しかし、A.B.C のことについてすべて述べている場合がほとんどです。その中から、ここでは住民が不満に思っている事で最も適切なものを抜き出す必要があります。消去法も役に立ちます。

 

13   の問題文のキーワードは 「problem with new regulations」

 

A) Raising money to pay

B) Way to make people follow

C) Get police support

 

ここでは "But, of course, it’s no good  introducing new regulations if we don‘t have a way of making sure that everyone obeys them, and that’s an area we’re still working on xxxx." と言っているので B が答えです。.........we are still working with the help of representatives from the police force. と続いているので C を選ばないようにしましょう。ひっかけです。

 

 

クション 3 の場合は少し長めの問題文と問題数になります。問題が始まる前にすべて読み終わることは難しいと思いますが、3問ほど先読みしていると後で楽になります。読み終わっていないところは前の問題を答え終えたら、即、問題文を読んでその回答をチェックする。遅れをとらないようにします。

 

例題

 

 

対策:

まず、タイトルからナノテクノロジーのプレゼンであることを把握します。

 

21:問題文の主語は大事です。誰がその事に同意しているのか?誰がそのように思っているのか?によって解答が変わってきます。この場合は Russ がプレゼンの難しさについて言っています。問題文に続く文を完成させるタイプです。due to がきたら後ろは理由を表します。時制にも注意してください。

 

A. lack of knowledge だから難しいのか?

B. His uncertainty だから難しいのか?

C. Short Preparation time だから難しいのか?

 

ここでは "and I am really struggling. I chose the topic because I didn’t know much about it and wanted to learn more, but now I’ve read so much about it"と言っているので A ではない。聞かれていることは過去のことではなくて今のことです。続いて "I could talk for much longer than the twenty minutes I’ve been allocated" と言っているので C でもないです。"Should I assume the other students don’t know much , and give them a kind of general introduction, or should I try and make them share my fascination with a particular aspect?" と tutor に聞いています。どのようにプレゼン進めていくかが不確かと言えるので答えは B。ここでも消去法が役に立ちます。

 

22:今度はRussと彼のTutor が主語ですので、どちらもが同意したことに注意する必要があります。

彼のプレゼンのアプローチがxxxxであると2人とも同意した事を選びます。

 

A. One filed に concentrate することか

B. 時系列に発展させるか

C. いろんな応用法を提示することか

 

ここでは tutor が A.B.Cすべてのことについてアドバイスしています。Tutor が "another way would be to focus on its impact in one particular area, say medicine, or space exploration." と言って、

Russ が "That would make it easier to focus. Perhaps I should do that."と答えています。そして Tutor が "I think that would be good idea. と同意しているので A が2人が同意したことになります。

 

注意!聞こえたからとすぐに答えを急がないこと。きちんと内容をとって解答する必要があります。

 

23:Tutor が Russにアドバイスしたことが聞かれています

 

A. スライドが見つけられる事につい話すことか?

B. ”プレゼンで指摘したいスライド”を探すことか?

C. スライドをまったく用意しないか?

 

!注意!シッカリと選択肢の違いを把握していないと間違ってしまいます。ここでは A と B は意味がややこしい、ひっかけ問題です。

 

Tutor が "While it can be good to include slides, you could end up spending too long looking for suitable ones. You might find it better to leave them out. と言って、Russ が "I see" と答えているので C が正解. 

 

 

まとめ:選択問題は先読みが必須。また、言い換え表現に注意して、主語と時制を見極める必要がある。選択肢のすべてが読み上げられているので、消去法が役に立つ!!