IELTS 5.5の壁から抜け出す方法 9

 

問題点の9についてお話しします。

9. 同じ表現の使用(冗長表現)が多々ある

 

冗長表現がそうでないかというのは自分で書いているとなかなか分からないもですが、構想の段階で書くことを整理すると、十分に避けられます。また、適切な接続詞を入れることで解決する場合も多々あります。

例えば、

The skill can be acquired easily when in childhood rather than in adulthood. When we are adults, it will take a long time to learn this skill.

 

一文目とい二文目ほぼ同じことを言ってますね。構想を練る時に、

「大人になるとそのスキルを得ることは簡単ではない。」

としたら、そのあと何を持ってきますか? 「なぜなら、子供のようになんでも吸収できる能力が大人は衰えているからです」とか、または、「言い換えると大人になるとその技術を習得するのはもっと時間がかかる」になりませんか。

 

→This skill can be acquired easily when in childhood rather than in adulthood. This is because children can absorb a lot of information better than adults. もしくは、In other words, it will take a long time to learn the skill when we are adults.  になります。

 

このように書く道筋をたてるため(反復を避けるためにも)書く前に構想をしっかり立てることが必要です。

しっかりとした構想を立てた人は書くという作業自体にあまり時間を費やさなくてよくなります。

最終的には、時間の短縮につながります。