IELTS ライティング 5.5の壁から抜け出す方法 5

IELTSライティング 文法の重要性

 問題点 5

5. スペルエラーや大文字、小文字、ピリオド、コンマが不適切に使用されている

 

これはケアレスミスと言えますが、つい起こしがちな間違いです。20分+40分のIELTSライティングに割り当てられた時間内に、このちょっとしたミステイクを直す時間をつくることがまず大事です。

 

タスク2では構成を10分以内に抑え、見直しに5分を充ててみましょう。このような文法ミステイクを直すことで、

ミスの多い人は 0.5スコア上がることもあります。スペルミスを起こさないためには、日頃から単語を書いて覚えることを心がけてください。

 

 

 コンマ、大文字が不適切に使用された文はとても読みづらい。

✖ ÆWhen the envelope arrived i opened it and screamed this is it i yelled loudly enough to wake up the whole neighborhood running up from the basement my husband asked 

 

これはどうですか?

 

〇 ÆWhen the envelope arrived, I opened it and screamed. "This is it" I yelled loudly enough to wake up the whole neighborhood. Running up from the basement, my husband asked, 

 

コンマとは、そこにわずかな休止があること示します。また、特定の語句が、どのように文の他の部分と

関係しているかを理解することができます。

 

  1. Will you call Mary Alice Lee and Jason or should I?
  2. Will you call Mary, Alice, Lee, and Jason, or should I? 
  3. Will you call Mary Alice, Lee, and Jason, or should I?
  4. Will you call Mary, Alice Lee, and Jason, or should I?

 

上記の 1、2、3、4は、それぞれ意味が違います。

 

よく見かける間違いに、

副詞、副詞句が文頭に置かれているのにコンマがないケースがあります。副詞が先に出るとほぼ必ずコンマを必要とします。

"However" は副詞です。後には必ずコンマを入れましょう。

 

Immediately, I recognized him.

 

ではなぜ副詞が前に来るのか?それはその副詞が強調されているからです。

"Suddenly, it started to rain." の場合は、「突然」がキーワードになっています。