IELTSスピーキングでスコアアップする方法 9

 

トピック別単語を習得することの大切さをお話しします。

 

IELTSのライティングでも求められるトピック別単語の習得ですが、スピーキングでも高得点を目指す方(7以上)にはパート2とパート3で必須となります。スピーキングのトピックは

 

  •   Music
  •   Environment
  •   Communication
  •   Art
  •   Education
  •   Shopping
  •   Sports
  •   Space 
  •   Transportation 

などのテーマが頻繁にでます。

 

パート2サンプル

 

Music

Describe a song you like to listen to

You should say

• What the piece of music is called

• How long you have liked it

• When you like to listen to it

And say why you like it so much.

 

やはりここでも、music のジャンル、classical, Rock, Reggae, Blues、Psychedelic (60’s代-70’s初期の音楽)、などは絶対に押さえておきましょう。本のことを聞かれてもジャンルは外せません。(基本となるジャンルは必ず覚えてください)

(Mystery novel, magazine, Gossip, fiction, non-fiction, Science fiction, Romance, Action, Adventure など)

 

その他 musical instrument, catchy tune, Lyrics, live music, smash hit なども覚えておきましょう。

 

特にパート3では込み入った内容の質問をされることがありますが、例を挙げて詳細を言うことが求められる時に、その言葉を知っているのか知っていないのかによってスコアが変わってきます。知っていても使えなければ無意味ですので、使える単語を増やすことです。

スピーキングの練習をする際に、単語が自然と出てくるまで何度も練習しましょう。

 

しかし、本番でど忘れする可能性もあります。そんな場合は、ちゃんとそれを伝えることが大切です。

Well, the word I want to describe it has just slipped my mind. (ど忘れする), anyway, the tool to make musical sounds (musical instrument) と違った表現を使って説明すればその場を逃れることができます。

 

ライティングと同様に重要となってくるTopic-specific words、これをジャンル別に覚えて使えるように練習することでスピーキング高得点狙いましょう!!