IELTSスピーキングでスコアアップする方法 7

 

攻略法7

7. 印象を上げる努力をする

 

IELTSスピーキングのパート1では特に重要で、あなたのことを試験官に印象づけることはスコアアップにつながります。

服装は?視線は大丈夫?話すスピードは? 

第一印象はとても大事です。

 

きちんとした服装を心がけましょう。だらしないと良い印象は与えません。

だからといって、スーツを着る必要性は全くありません。カジュアルでオッケーですが、ジャージなどはお勧めしません。

プロフェッショナルでインテリジェンスな雰囲気を出すものがいいでしょう。

ライティングやリーディングの試験もあるので、快適な服装であることも忘れないでください。

 

また、先の項目でもお話ししましたが、しっかりと試験官を見ることが大事です。相手の目を見て話すことはマナーの基本です。

話すスピードはゆくっり。“はっきり、ゆっくり”話すことが大事。どんなに緊張していても、自信があるように聞こえます。

いい例がカナダの首相、ジャスティン・トルドー、彼は決して早口で話しません。

小さい声の人も気を付けてください。適度な音量が必要です。

 

その他、他の受験者とは違うユニークな答えは試験官を印象づけると言われています。

それもそのはず、何十人とインタビューをしていれば飽きてきますよね。ありそうな答えだと印象が薄くなってしまいます。

誰もが言いそうな内容を想像して、それとは違う内容にしましょう。これは日頃の練習で準備することができます。

例えば、

好きな食べ物は?と聞かれたら皆、何を言うと思いますか?日本食のどれかでしょうね。

では、逆にタイフード、インド料理などを取り上げます。日本食にはないspicy でfresh な料理法のことについて言えますね。

 

"I love Thai food. I like the way they cook fresh ingredients and use a lot of species. Although I like most Japanese food, I enjoy exploring a lot of different cuisine….” 

などなど。

 

印象をよくする努力は最低限押さえておきましょう。