IELTS スピーキング┃スコアアップ対策 パート3の攻略法

IELTS スピーキング┃スコアアップ パート3対策

 

IELTS スピーキングの Part 3 は試験官とのディスカッション形式で行われます。パート2に関連したトピックについてさらに詳細な説明や自分の意見、提案、解決策、将来のことなどが聞かれます。例を挙げて、なるべく詳細に説明することがスコアアップにつながります。時間は約4分から5分程ですが、その時間はほぼ自分が話していると思ってください。

 

踏み込んだ質問、一般論などが聞かれることが多いので、質問に回答をするだけでなく、例を挙げたり、2つの意見を対立させたり

"on the other hand", "although", "having said that" などの表現を活用する)、

ライティングのエッセイのように advantages と disadvantages を述べるなど、物事を多角的に見た上での意見を述べると高得点がとれます。質問の意味が分からない時は聞き返すことも忘れずに。パート3では質問が複雑で一回で理解できない時もあるかと思います。

その時は必ず聞き返しましょう。聞き返すことが直接、減点にはつながりません。

 

また、答えはひとつよりも数個挙げること(例えば2つのアドバンテッジを述べるなど)によて「フルアンサー」に導きます。

回答の仕方としては試験官の質問をそのまま引用して始めるか、"it depends" を使うことが出来ます。

  

フルアンサーに導くテンプレート

①問題に対する自分の意見を試験官の質問をそのまま引用して答える

②その理由1

③その理由2もしくは、比較や対比

④締めの言葉、もしくは願望や将来の予想

 

パート3の解答例

例題1】~Clothes~

 

Can clothes tell you much about a person? 

 

 

 

回答1

 

① Yes, clothes can tell us a lot about a person.  

回答2

 

② No, clothes cannot tell us anything about a person.

回答3

 

③ Yes and No, it depends on the person.

 

+その理由

 

パート3では、「例」を挙げる、「比較」する、「対比」させる!

 

回答1―Because clothing choice can represent not only one’s favorite colors and designs but also profession and ambition. For example (例を挙げる➾) my friend likes to wear simple, classic outfits. She wants to project professional image, particularly at work. I can say she is self-conscious and confident. So I can guess something about  people from their appearance. (比較➾)However, we cannot tell anything about people who do not care about what to wear at all.

 

回答2― because appearance is just appearance, and as you know, we cannot judge a book by its cover.(例➾) For example in Japan, people wear suits at work. Everyone looks the same and tends to wear the latest fashion with similar designs and colors. In private, people like to wear Jeans, or whatever they feel comfortable. There are fashion trends and many people follow them. So,(締めの言葉を付けると自分の意見が終わったこと試験官に告げることができる➾)it is difficult to find out about people from the choice of their wardrobe. 

 

回答3―It depends on the person. Some does not care about what to wear, while others are self-conscious in fashion. What if someone buys clothes for you? Many children do not buy their own clothes, and some wives pick up clothes for her husband. In this case, clothes cannot represent their preference at all.(対比➾) On the other hand, some people like to express their ideas by their outfits. For instance, message T-shirts can express what they think, agree or disagree.  Their simple outfits may tell their minimalistic ideas.

  

 

 

日本語で考えてみると!?

 

 

例題2】~交通渋滞~

 

交通渋滞はどうしたら解消できるか?と聞かれた場合、

 

 

 

 

(方法1➾)たくさんの会社が都市の中心ではなく、郊外に分散すれば、都市中心型の渋滞やラッシュアワーがなくなると思う。(例➾)例えばトロントでは、ロジャースは郊外にコールセンターを置いている。ビジネスとしては郊外の方が土地代もかからず、従業員のためのパーキングも確保でき、地元の経済を支えることもできて、いいことづくめ。(方法2➾)その他、都市への高速料金を引き上げることも効果的だと思う。

 

 

スピーキングで高得点を目指す!

 

高得点を目指す方は、ここのパート3では、アカデミック用語を使用して、様々な憶測をめぐらしてみましょう。

答えはいつも一つではありません。批判的は思考を働かせて「正解はひとつではないかもしれない」という仮説の下、自分なりの答えを論理的に導き出すことが高得点につながります。前の例題をもとに回答例を参照ください。回答が長くなった時は、もう一度問題を提起して締める!ことで自分の意見を言い終えたことを試験官に伝えましょう。将来の予想や願望などを最後に入れると締めやすいだけでなく、フルアンサーであることをアピールでき、高得点につながります。

 

 

例題2】~交通渋滞~

 

What can we do to resolve traffic jam in the city? 

 

 

 

(1つではないことを言及する➡)There are several things we can do to reduce the traffic. However,(自分の意見➡)I think one of the plausible solutions is relocating factories and companies to rural areas as well as their employees.(理由2つ➾)For factories and companies, they have huge land to build their companies  or rent space at an affordable price. For their employees, these people can avoid traffic congestion, and commuting to work will become easier and simpler. (別の方法➡)Other than that, businesses can offer work-from home option to their employees, so they do not have to commute at all. (まとめ➡)All in all, traffic jam is a serious issue today, however, there are things that we can do to reduce an increasing number of traffic and (願望や将来の予想➡)I would like to see that happening sooner rather than later. 

 

まとめ:                                                         IELTS スピーキングパート3の対策として、必ずフルアンサーにもっていけるように「例を入れる、対比させる、比較する」を忘れないようにしましょう。一般的な社会問題に対する意見や答えを日頃から持っておくようにすると良いでしょう。多くの問題を事前に知り、上記に挙げた例を参照にしながら得点がとれる答え方を習得していきましょう。

 

【パート1、パート3共通】スピーキングの聞き返しに便利な表現

 

パート3で試験官の質問が理解できない場合は、必ず聞き返しましょう。パート2だけは聞き返しや、質問はできませんが、パート1でも聞き返すことはできます。聞き返すことが減点につながることはありません。問題の意味が確実に理解できると、的を射た回答ができます。自分で憶測することは絶対に避けましょう。場違いな回答の方が逆に減点対象となります。

パート3では便利な表現を使って、問題の意味を詳しく説明してもらうよう尋ねることができます。

 

  • Could you repeat that, please?
  • Could you explain that, please?
  • What do you mean by that?
  • Could (Would) you expand on that? 
  • (Could you) Run that by me again, (please)?
  • I’m sorry, I don’t get that. 
  • I’m’ sorry, I didn’t quite catch that.

数々の生徒様を目標点数へ導いた実績のあるプランと

IELTSを熟知したバイリンガル日本人講師から習う

IELTSのスピーキング対策のみご希望の方は

一般英語コースをご利用いただけます。