IELTS スピーキング┃スコアアップ対策 パート2の攻略法

パート2の例題と解答例

IELTSスピーキングのパート2では、Topicカードが提示され、そのトピックについて2分間スピーチをすることが要求されます。1分間の準備時間の間にメモを取ることができます。2分ギリギリまで自発的に詳細を話すことで高得点を目指せます。1分30秒ぐらいで終わると、試験官がもっと話せとジェスチャーをするので、話を続ける必要があります。また、2分10秒以上を超えると止められる可能性が大、2分という感覚をしっかりと身につけましょう。

 

トピックは「あなたのお気に入りのお店」、「旅行」、「学びたいスポーツ」、「尊敬する人」、「よく訪れるウェブサイト」、「知り合いの年配」など、身近な話題が多いです。

 課題を変えることはできないので、試験対策時に大体の課題を網羅しておくと話題に詰まることはなくなります。また、トピックを発展させるストラトジーを参照して話を肉付けする方法を学び 2分間ぎりぎりまで話ましょう。

 

頻出トピック

  • 芸術
  • コミュニケーション
  • 家族、友達
  • 趣味
  • ニュース
  • スポーツ
  • 旅行
  • インターネット

TOPIC カードサンプル

Describe a useful website

 

You should say:

⋆What it is      ☚こちらの項目をガイドラインと言います。(ガイドラインの項目は必ず話さなければいけないものではない

⋆How often you visit it

⋆What kind of site it is

⋆What kind of information it offers

 

and explain why you think it is useful. 

 

このような形で出題されます。質問はガイドラインと言われ、必ず従わなければならないものではありませんので、自分が話したいようにトピックの指針を決めていくことも可能です。(下記のストラテジーを参照)

 

まず、スピーチの始め方は、

"I would like to talk about a website I found useful." 

"I am going to talk about a website I like to visit." もしくは

"I would like to talk about amazon website (直接言ってしまう) I visit so often." 

 のように、"I ‘d like to talk about..." " I am going to talk about" という定型文を使いましょう。

その後は問題文の言いかえに心がけて文をつなげていきます。

例えば、"Describe a gift you recently gave to someone." の場合は

"I’d like to talk about a present I bought for my best friend" というように、詳細に言い換えることで同じ言葉を繰り返さなくてよくなります。

 

トピックを発展させるストラテジー

 

1. イントロ

2. 過去の出来事、考えやバックグラウンド情報

3. 詳細/自分の経験やエピソード

4. 自分の意見

5. まとめと将来の予測

 

というように話していくと、途中話すことがなくて困るということはありません。もちろん、トピックに記載されているガイドラインに従って話していくこともできます。順番は関係ありません。しかしガイドラインに沿って答える場合、その答えだけを言及すると2分続かないことがよくありますので、答え+αを必ず心がけてください。そのために具体例や具体的なエピソードなどを入れると効果的です。

 

 

 

【トピックカードサンプルの解答例】

 

I would like to talk about a website I found useful. (イントロ)The website is amazon.com. It used to be an online book store. (バックグラウンド情報)As we increasingly buy everything online, the company has started selling almost everything on its site.  Now it become a world biggest online retailer(ウェブサイトの詳細 / 自分の経験)I buy electronics, books and office supplies virtually everything from the site, because I do not have time to go shopping and it ships my orders in a couple of days free of charge. I also found it very useful because it shows my past orders and suggests possible items I might be interested in and saves my credit card info for easy pay. Online shopping is such a convenient that I sometimes use so much without thinking about my budget. However, I do not buy clothes online, because the size and color are often not as it described or seen on the screen. I try to avoid returning my orders (自分の意見). Overall, the website is vey popular now and it provides us freedom of shopping, I mean, we can buy a variety of items from home appliance to cosmetics at one stop online.  I believe in the future, similar online shopping companies will compete with Amazon and we will have a greater variety of items and deals.  (将来の予想)

 

 

このように

  1. Intro (イントロ)
  2. Past (バックグランド情報や過去の詳細)
  3. Description (トピックスの詳細)
  4. Opinion (自分の意見)
  5. Future (まとめ+将来の予測)

の順番に話していく練習をしましょう。どの課題でもこのストラテジーを利用すると非常に効果的です。

自分の回答はできるだけ、録音して聞いてみましょう。

【1分間考える時間を効果的に!】

IELTS パート2のスピーチ形式では、1分間考える時間を与えてくれますので、無駄に使わないようにしましょう。

これからしゃべることの指針となるように、時(今から何年前か)、人、場所などのヒントを箇条書きにすること。
文を作っても書き終わりません。また、自分のメモを見ながらスピーチをしても減点にはなりません。1分間を有効に利用することで話のネタがなくなった!ということはなくなります。必ず、箇条書きで6つぐらい用意しておきます。課題の答えを見つけるのに時間をかけるとその他のことがメモできなくなります。課題の答えは「パッと思いついたもの」を練っていきましょう。答えをいつまでも探していたら、それこそ時間のロスです。回答は何でもオッケーですので、その話をどう発展させるかが大事。

 

 

【メモの例】

 

 

アマゾン 

ポピュラー、本屋さんから、大きい、何でも

週1

送料X 2日ほど

サプリを買った

便利(クレジット、履歴)

洋服X

アマゾン以外のサイト期待

 

 

まとめ

 

トピックを発展させるストラトジーを使用して、必ず1分30秒以上2分10秒以内に課題について話す練習をしましょう。1分間の考える時間はできるだけ有効に使用するために箇条書きでヒントをメモ。たくさんの課題をこなすことで、2分間がどれくらいなのか、感覚で分かるようになります。録音は必ずしてフィードバックをしていくことも忘れずに...

 

数々の生徒様を目標点数へ導いた実績のあるプランと

IELTSを熟知したバイリンガル日本人講師から習う

IELTSのスピーキング対策のみご希望の方は

英会話コースをご利用いただけます。