IELTS スピーキングでスコアアップする方法 10

 

 

ボイスレコーダーを活用する!

 

IELTSの実際のスピーキングテストでもボイスレコーダーが使われて自分の音声が録音されます。自分で学習する時にもぜひ取り入れてほしいと思います。なかなか自分の声や、スピードなどを認識することが少ないと思います。しかしボイスレコーダーを使用することで、自分のアクセントや発音、スピードなどを認識して、調整することができます。

 

当校でもスピーキングの練習には必ずボイスレコーダーを利用してスピーチを録音します。ほとんどの生徒様が、“あー”とか”えー”、が入ってしまって聞きづらいことや、沈黙が長かったりすることなどに初めて気づきます。気づかなければ直しようがありません。まずは、自分の声をきいて、改善点を見つけましょう。「自分が意識してなおしたい!」と思わない限りは、絶対にスピーキングの癖はなおりません。

 

また、ボイスレコーダーに録音されていると思うと緊張感が出ます。そのような環境で練習することが実践に役立ちます。

IELTSの試験の時は試験官がボイスレコーダーで会話を録音しますので、録音されていることに慣れる意味でもとてもいい練習になります。

 

これと併用して、鏡の前で練習することも取り入れることもおススメします。これも同様、緊張感が出て非常に役に立ちます。鏡の前では自分の目を見て話す練習、ボディーランゲージを活用することに努めましょう。

 

また性能のいいボイスレコーダーを買う必要はありません。

アプリでも十分性能がいいですし、無料ダウンロードもできます。

 

大事なことは、録音された自分のスピーチを聞いて、英語の発音、スピード、癖を認識すること、アクセントが強い人はゆっくり話すことを心掛け、発音が曖昧な方は正しい発音を習得することに焦点を当てるなど、必ず改善点を見つけることです。そして何回も録音してみて聞き取りやすくなっているかを確認します。