IELTS スピーキングでスコアアップする方法1~概要

 

実はIELTS のスピーキングは意外と型にはまっていて攻略しやすい事をご存知ですか。

 

タスクは3つに分かれており、パート1はgeneral questions (自己紹介、家族や出身地など)、パート2はトピックカードの課題について言及するスピーチ形式、パート3はトピック2の課題のことについて試験官とのディスカッション形式で、突っ込んだ質問が出ます。

 

採点基準は「流暢さと一貫性」、「語彙力」、「文法の正確さ」、「発音」の4つです。

 

 

IELTSはライティングのセクションでもそうなのですが、「同じ表現、語彙を使わない」つまり言い換えを覚えることがスコアアップにつながります。

話すスピードはあまり気にしなくても大丈夫。

自分のいつものペースでしゃべること、ゆっくりペースの方が自信があるように聞こえるのでペースを落とすぐらいがちょうどいいと思います。

 

攻略法

1. Conversation fillersをうまく使う

2. 日本語のアクセントの有無は気にせず、正しい発音を覚える

3. 一貫性のある答えにするには理由を必ず言う

4. 分からない場合は分からないとはっきり言う

5. ボディーランゲージを有効に使う

6. 文法は気にせずとにかくしゃべる!!

7. 印象を上げる努力をする

8. パート1で使う単語とパート2と3で使う表現、単語を分ける

9. トピック別単語を習得する

10. ボイスレコーダーを活用する

11. 毎日“口語日記”をつぶやく(英語で話すことになれるためにも英語で考える時間を設ける)

12. パート1の攻略法

13. パート2の攻略法

14. パート3の攻略法

 

上記のことについて項目別にお話しします。