IELTS リーディング 対策 5~語彙・コロケーション強化

IELTSリーディングでは語彙力が決め手

 

 IELTSリーディングでは語彙力が決め手!!!

         語彙力の強化

 

リーディングで最も大事なことの一つに、語彙を増やすことが挙げられます。

 

単語が分かれば、何とか読み進めていくことが出来ます。しかし、大事だと分かっていても単語を覚えるのはつまらない!!っと思うかもしれません。

しかし、サラッと流すように見ていく。これを繰り返すだけで、より脳に定着し単語を楽に覚えていくことが出来ます。

 

| 英単語の効果的な覚え方 |

単語の覚え方ですが、軽く目を通して発音し、何度か書いてみます。 IELTSリーディングではスペルが問われるのでスペルミステイクをしないためにも何度か書くことは大事です。

目、耳、口、手をすべて使うと記憶に残りやすいので発音しながら書いてください。しかし、時間をかける必要はありません

数日後にまたその単語を見て同じことを繰り返します。

忘れたころにまた見ることで記憶が脳に定着します。1度や 2度見たただけでは忘れるのは当たり前。

何十回と記憶を呼び起こすことで自然と覚えていきます。

類義語、派生語を一緒に覚えるのも記憶に定着しやすくするトリックですので一石二鳥。

 

上級者には英英辞書を使って知らない単語を調べることをおススメしています。英語でのイメージがわくので記憶に定着しやすくなります。また、類義語のニュアンスの違いもよく分かるようになります。

 

また、IELTSリーディングでは単語集をわざわざ購入して覚える必要はありません。リーディングやリスニングの問題の中から覚えていけば十分。ジェネラルで使われている単語(セクション3を除き)は基礎単語です。

※専門用語や固有名詞(恐竜の名前や地名などなど)を覚える必要はない

 

単語を覚えるだけではなく、

コロケーション(連語・慣用句)の習得も非常に大事です

 

コロケーションは、動詞と名詞の組み合わせであったり、副詞と形容詞、名詞と名詞、形容詞と名詞の組み合わせであったりします。

例えば、“future reference” 「今後のために」のような表現の習得です。

コロケーションは覚えることでライティングにもスピーキングにも役立ちます。

 

 

| IELTS リーディングで役立つコロケーション |

IELTS 重要コロケーション (慣用句) 意味
make an appointment to A        Aを予約する、約束をする
give guidance about           ~について指導する
allocate resources     資源を割り当てる
assigning tasks     仕事を割り当てる
tourist attraction   観光名所
seek help  助けを求める
a whole new dimension to   新たな一面、次元、局面
get on with it  開始する、すぐに行動にとる
keep informed  情報を得る
delegate tasks       委託する
particularly useful when   ~の時に非常に役に立つ
key skills  主要な技術、能力
societal norms   社会規範
an alternative to   ~の代用として
environmentally friendly   環境にやさしい
readily accessible  簡単に利用できる
academic requirements  必修科目や必要単位数などの卒業もしくは入学のために必要な学歴
make an effort to   努力をする
to play/have a(n) important/key/vital/crucial role in (doing) 重要な/主要な/不可欠な/決定的な役割を果たす
to make significant/substantial/valuable/ great/outstanding contribution to 重要な/かなりの/価値のある/素晴らしい/際立った貢献をする
middle management  中間管理職
powerful computers  高性能コンピューター
highly regarded as  ~として高く評価される
round the clock service  24時間体制のサービス
on-site facility   オンサイト(施設内の)設備
pose a risk 危険をもたらす

 

まとめ:語彙の強化は4技能どれをとっても必須です。記憶が定着しやすい方法で効率的に覚えていきましょう!!