意外と知らない完了不定詞

IELTS オンライン 対策 MAE

 

完了不定詞

 

完了不定詞とはto不定詞の後の動詞が過去に起こったことを伝える表現で、

< to + have + p.p (過去分詞形) >の形を取ります。

 

完了不定詞は口語ではあまり使われなくなりましたが、文語ではよく使われます。 

 

to不定詞では、 to の後に動詞の原形が続きますが、述語動詞の時制よりも前のことを表すために、to の後に現在完了の <have+動詞の過去分詞> を用いて表します。

 

 

完了不定詞を使う2つのパターン

 

①述部の動詞が現在形 ・・・ to不定詞の後が過去のことを表す場合

 She seems to have caught a bad cold.
 彼女はひどい風邪をひいたようです
 ➡述部動詞は現在形ですが、風邪をひいたのは過去のことです。

 

②述部の動詞が過去形 ・・・ to不定詞の後がそれよりも古い内容を表す場合

 I had to have taken an umbrella.
 私は傘を持ってくるべきだった。
 ➡傘を持ってくるという行為が気づいた時(had to)よりも古い時制(大過去)になっています。

 

 

完了不定詞と通常の不定詞の違い

  • Someone has to do this.
    誰かがこれをしなければならない。(誰かがこれからする)
     ➡to以下は主節の時制と「同じ」かそれよりも「未来」の内容
  • Someone has to have done this.
    誰かがこれをしてしまわなければならない。(誰かがしてしまった)
     ➡to以下は主節の時制よりも「古い」内容

 

【希望・意図】+to have p.p (過去分詞形)

完了不定詞(to have p.p 過去分詞形)を使うと主節の時制より1つ前の時制を表しますが、

主節の動詞が「希望・意図」を表す場合、「~したかったけどできなかった」という後悔を示します。

  • I wanted to have finished my homework.
    「私は宿題を終わらせたことを望んだ」が直訳ですが、
    「私は宿題をおわらせたかったのだが……..」できなかったという意味を表します。
  • He expected to have left on Monday, but was prevented from doing so.
    月曜日に出かけられると思っていたが、(何かの都合で)出かけられなかった。

 


 

英語は日本語よりも「時間」にこだわりを持つ言語です。

 

日本語では、会話文(英語で言うところの” ”で表す文)以外でも、最後の例文のように現在形と過去形の組み合わせを用いることがありますが、英語では「時制の一致」という言葉があるように、一つ一つの文の時間軸を非常に大切にします。

 He expected to have left on Monday, but was prevented from doing so.
月曜日に出かけられる思っていたが出かけられなかった。
「出かける」ことは過去の一点よりも過去のこと。
IELTS オンライン 対策 MAE

大過去・完了不定詞を始めとした「時制」に関する考え方は、つまづきやすく、理解が難しい箇所になります。

現在完了形についても、英語の感覚として理解している方は少ないのではないでしょうか。

 

大過去・ 完了不定詞や、現在完了といった、一つの文法の中で過去と過去、過去と現在のようにいくつかの時点を意識した時制の理解のためには、慣れないうちは図示することも効果的です。


言語を文字だけでなく、イメージでとらえることも、理解の手助けになりますよ。





オンラインIELTS対策なら

IELTS オンライン 対策 MAE