謎の英文法2

 

抽象名詞が数えられる時と数えられない時

 

象名詞とは、原則的に一つ、二つと数えられない抽象的な概念を表す名詞。

例えば、love, beauty, happiness, anger, hate, peace, など、感情やアイデアなどを表す名詞。

実在する物のように一つ二つと数えることはできません。しかし、すべて抽象名詞は数えることが出来る使い方

 

 

があります。

 

“She is a real beauty” 「彼女はとても美しい人です」のように、抽象名詞の beauty には「美しい人」という意味もあります。

概念である美しさで使われているのではなく、このように具体的な「人」で使われている場合は加算名詞扱いとなります。

 

このように名詞には抽象名詞の意味と普通名詞の意味を両方持つ名詞がたくさんあります。

例として、experience (体験―不加算名詞、具体的な経験を表す場合―加算名詞) application (応用―不加算名詞、具体的なアプリを表すアプリの意味では加算)

 

plans, promises, arrangements, indications, proposals, experiences, instructions, wishes, recommendations, attitudes.

上記の名詞は特にどちらでも使われることが多く、「考え、概念として扱われる場合は不可算」、「一つの個体として数えたい場合は加算」となります。具体的にそのもの自体が物体化すると抽象名詞が具体化されて数えられるようになるのです。話者によって意図するものが違うので、時と場合、話者が表したい意図によって変わってくるのが現状です。

 

また、抽象名詞に形容詞が付くと数えられることが多くなります。これは、抽象名詞が限定されて具体化するため、数えることが出来るようになるという概念に由来します。

例}”a deep sleep”

一つの深い眠りです。そのため、浅い眠りがあることも暗示してしまい、したがって種類ができてしまうため数えることができるようになります。

 

例}a thorough knowledge (深い知識) 

 

しかし、いつでも形容詞が付いたら数えられると思わないようにしましょう。

heavy traffic は a は付きません。つまりどんな時も数えられません。

その他、advice, information, news, luck, damage, equipment, fun, homework, work などは形容詞が付いても数えられることは絶対にありませんので覚えちゃいましょう。

 

まとめ:

 

抽象名詞は具体的なものを指す場合は加算になり、形容詞などがついて具体化すると数えられるようになると覚えておいてください        (形容詞が付いても数えられない例外を覚えるのが一番早いです)