前置詞が文頭にくる場合

IELTS オンライン 対策 MAE

 

前置詞で始まる文

 

前置詞は名詞の前に置かれ、場所や時など、様々なイメージを表す言葉です。
そして、前置詞で導かれる節は、熟語や短い返答の場合を除いて単独で用いることは少なく、基本的には情報の補足。
前置詞から始まる文を見かけることは少ないと思います。

 

本日は、文が前置詞で始まるケースをいくつかご紹介します。

 

 

 文頭に来ることで意味が変わるケース ー among


「~の間に」と訳されることの多い "among"
同じく日本語で「間に」と訳される "between" と混同することが多い前置詞です。

  • between と among の違いを簡単におさらいしておきましょう。
    between:はっきり分かれたものの間
    among:込み入った、入り組んだものの間
    betweenは英語と日本語などかけはなれたイメージ、amongは人混みのイメージです。

ただし、"among" は文頭に置かれると、"one of" や "some of" と同様の意味となります。

また、"some of" の意味の場合は、amongのあとの名詞が複数形になります。

  • Among the first to arrive was the ambassador.
    = One of the first to arrive was the ambassador. 


また、among の文語的な表現として "amongst" という前置詞があります。
amongst は among より「まっただ中に」というニュアンスが強い前置詞ですが、意味は among とほぼ同じです。
among を amongst に変えると、少し固い印象の文語的な表現になるため、文章の印象が大きく変わります。


 強調のために倒置が起こるケース


その他の前置詞が文頭に来ている文では、前置詞の導く節の強調のために倒置が起こっている場合があります。
こういった倒置は、subject-dependent inversion と呼ばれ、特に位置を表す副詞や副詞句(前置詞の導く節)が文頭にきます。 

 

  • Behind me lies a dog.
    = A dog lies behind me.
  • Here comes the bus.
    = The bus comes here.

また、of + 抽象名詞(抽象概念を表す不可算名詞)は形容詞の役割をします。
そのため、以下のような読み替えが必要となるので注意しましょう。

  • Of interest are the boys I met the other day.
    = Interesting (things) are (that) the boys I met the other day.
    = The boys I met the other day are interesting.

 

このような倒置による前置詞が文頭に来るケースは、TOEICやIELTS、大学入試などのリーディングの問題でしばしば見られます。
倒置によって語順が変わることを知らないと、意味を捉えるのに時間がかかるため、リーディングの際は意識しておきましょう。





オンラインIELTS対策なら

 

 

IELTS オンライン 対策 MAE