意外と知らない完了不定詞

 

完了不定詞

 

 

完了不定詞とはto不定詞の後の動詞が過去に起こったことを伝える表現で、

< to + have + p.p (過去分詞形) >の形を取ります。

 

完了不定詞は口語ではあまり使われなくなりましたが、文語ではよく使われます。 

 

to不定詞では、 to の後に動詞の原形が続きますが、

述語動詞の時制よりも前のことを表すために、

to の後に現在完了の <have+動詞の過去分詞> を用いて表します。

 

 

完了不定詞を使う2つのパターン

 

①述部の動詞が現在形 ・・・ to不定詞の後が過去のことを表す場合

 She seems to have caught a bad cold.
 彼女はひどい風邪をひいたようです
 ➡述部動詞は現在形ですが、風邪をひいたのは過去のことです。

 

②述部の動詞が過去形 ・・・ to不定詞の後がそれよりも古い内容を表す場合

 I had to have taken an umbrella.
 私は傘を持ってくるべきだった。
 ➡傘を持ってくるという行為が気づいた時(had to)よりも古い時制(大過去)になっています。

 

 

完了不定詞と通常の不定詞の違い

  • Someone has to do this.
    誰かがこれをしなければならない。(誰かがこれからする)
     ➡to以下は主節の時制と「同じ」かそれよりも「未来」の内容
  • Someone has to have done this.
    誰かがこれをしてしまわなければならない。(誰かがしてしまった)
     ➡to以下は主節の時制よりも「古い」内容

 

【希望・意図】+to have p.p (過去分詞形)

完了不定詞(to have p.p 過去分詞形)を使うと主節の時制より1つ前の時制を表しますが、

主節の動詞が「希望・意図」を表す場合、「~したかったけどできなかった」という後悔を示します。

  • I wanted to have finished my homework.
    「私は宿題を終わらせたことを望んだ」が直訳ですが、
    「私は宿題をおわらせたかったのだが……..」できなかったという意味を表します。