謎の英文法

Rush hour について不思議に思ったことありませんか?

 

そう言えば、ラッシュアワーって何時間にも及ぶからrush hours とは言えないのだろうか?と。

 

答えは?   言えません。

 

これは昔からの言い回しで、昔は皆9時から5時の仕事しかしていなかったのでラッシュアワーはたぶん8時から9時までの1時間と決まっていました。その名残で during (the) rush hour, at rush hour のように常に単数で使用されます。

今のご時世、ラッシュアワーが何時間にも渡っていても、rush hours とは言いません。

 

昔からの名残で使われている表現っていうものは意外と多くあります。言葉とは文化と密接な繋がりがあるからです。

 

昔は person の複数形 persons だったのですが、もちろん最近では複数形は people を使うようになりました。Persons はその代わり、とってもフォーマルな手紙などで未だに使われています。私たちが使うことは?-あまりないと思います。ちなみに今では persons を使う時は、法律関係の書類で、特定人数の人たち(7persons )を表す時と、“人間の体”を表す時などに使用される事がほとんどです。

 

慣習的に使われる表現をもう一つ挙げると、in town ( in the townや in my town) があります。普通は冠詞が入りません。また、必ずしも都市よりも小さい町を指すのではなく、Cityを指すこともあります。“自分の住んでいる場所”として示されます。

 

最後に、“my cup of tea” という表現聞いたことありますか?どちらかというとイギリス英語ですが、イギリスで頻繁に使われます。

これは“私の好み”という意味です。

イギリスではお茶は昔から欠かせない飲み物です。そこから生じた言い回しです。

 

”He is not my cup of tea. ”:彼は私の好みじゃないわ!のように使います。